(左から)波岡一喜、山田裕貴、青木玄徳、土屋哲彦監督

写真拡大

 闇金業界を描いた映画の第2弾「闇金ドッグス2」が4月9日、全国8館で公開され、前作に続き主演を務める山田裕貴をはじめ、共演の青木玄徳、波岡一喜、土屋哲彦監督が東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

 ヤンキー映画「ガチバン」シリーズのスピンオフ作品。返済を怠らない優良顧客が行方をくらましたことから、闇金業者・安藤忠臣に訪れる最大の危機を描く。「ガチバン」シリーズから安藤を演じてきた山田は、「演じているというより安藤忠臣を生きているという感覚で映画に臨めたので、成長も見ていただけるんじゃないかと思っています」と緊張気味に語る。これに対し土屋監督も「山田君は『何かあった?』というくらい成長していた。それをそのまま忠臣の成長としてスクリーンに映せたので良かった」と称賛。山田は喜びのあまり表情をゆるませ「なんて言ったらいいか」と大照れしていたが、「前に出ろよ」と青木に促されると、ステージ前方に歩み出て「どうも、山田裕貴です」をドヤ顔を決め、会場を笑わせた。

 一方、安藤のもとで働く元ホスト・須藤司を演じた青木の評価を問われると、土屋監督は「青木君は割と調子に乗っちゃうタイプ」と暴露。青木は思わず爆笑していたが、土屋監督は「突っ走っちゃったりするところがね。でもそれが須藤という役とリンクして、いい感じにできた」と絶賛していた。

 舞台挨拶中、青木と波岡にイジられる場面が多々見られた山田だが、終盤に再び一歩前に出ると「全部がしっかり見どころになってると思う。特に最後のシーンは話術で戦う感じなので、セリフのトーンから全部を考えて演じたのでみどころです。人間ドラマにも深く切り込んで描いています」と凛々しい表情で語り、主演俳優の顔をのぞかせた。