シリアスな雰囲気の場面写真も公開 (C)2015 999 Holdings, LLC

写真拡大

 「インターステラー」(2014)のケイシー・アフレックと「それでも夜は明ける」(13)、「オデッセイ」(15)のキウェテル・イジョフォーが共演した犯罪アクション「Triple 9」(原題)の邦題が「トリプル9 裏切りのコード」に決定し、6月18日に劇場公開されることがわかった。

 タイトルにもなっている「トリプルナイン」=「999」とは、職務中の警官が撃たれる非常事態が発生し、応援を呼ぶ際に使われる警察コードのこと。米アトランタを舞台に、元特殊部隊員と悪徳警官で構成されたギャングが「トリプル9」を利用してアトランタ警察の機能を10分間停止させ、その間に国土安全保障省を襲撃するという計画のてん末をサスペンスフルに描く。

 イジョフォーが息子を人質に取られて計画に強制的に参加させられるギャング・マイケル、アフレックが計画の標的となる警察官のクリスを演じたほか、「スティーブ・ジョブズ」(15)のケイト・ウィンスレットが冷酷なロシアンマフィアのボス・イリーナに扮した。そのほか、「アベンジャーズ」シリーズのアンソニー・マッキー、人気ドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズのアーロン・ポール、「ウォーキング・デッド」シリーズのノーマン・リーダス、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(16)のガル・ギャドット、「ハンガー・ゲーム」シリーズ(12〜15)のウッディ・ハレルソンといったそうそうたるキャストが顔をそろえた。

 「トリプル9 裏切りのコード」は、「ザ・ロード」(09)、「欲望のバージニア」(12)のジョン・ヒルコート監督がメガホンをとった。6月18日から全国公開。