フロリダの「ハリポタ」アトラクション 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

 「ハリー・ポッター」のアトラクション「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のオープンを4月7日(現地時間)に控えた、米ロサンゼルスにあるユニバーサル・スタジオ・ハリウッドが、入場料を2割アップさせたとロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、米ディズニーランドと同様、需要に応じて入場料を変動させるシステムを導入している。オンラインで購入する場合、これまでは閑散期は75ドル、ピーク時は95ドルだった。しかしこのほど、閑散期90ドル、ピーク時115ドルに値上げを実施。窓口で購入する場合、時期に関係なく一律115ドルとしている。

 テーマパーク専門家のデビッド・コーニッグ氏は、「『ハリー・ポッター』のアトラクションにはお金がかかっており、値上げしても必ず動員が増えることが分かっていることから、口実としては完璧です」と指摘。アメリカのテーマパークは、新たなアトラクションをオープンさせるごとに入場料を値上げするのが慣例となっている。2012年にディズニーが「カーズランド」をカリフォルニア・アドベンチャー・パークにオープンさせたときも、入場料を9%アップさせている。

 ディズニーは現在、アナハイムとオーランドに「スター・ウォーズランド(仮称)」を建設中であることから、これらがオープンしたときも再び入場料がアップするとみられている。