検索したら呪われる (C)2014 Universal Studios.
 All Rights Reserved.

写真拡大

 SNSを題材に全編パソコンの画面上で展開される新感覚ホラー「Unfriended」が、「アンフレンデッド」の邦題で7月30日に劇場公開されることが決定した。

 無数の情報が交錯するインターネット社会。Facebook、Twitter、Instagram、LINE、SkypeなどSNSサービスが普及し、顔を合わせたことのない他人と知り合い、交流する機会も多い。本作では、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」などで知られるジェイソン・ブラムが製作を手がけ、ネット社会に生きる現代人を恐怖に陥れる。

 ある動画がネット上で公開されたことを苦に、ローラ・バーンズは自ら命を絶ってしまう。1年後、ローラの友人たちがSkypeで集まっていると、見知らぬアカウントが死んだローラとして話しかけてくる。やがて、ローラの死に隠された嘘が次々と暴露され、ひとりずつ謎の死を遂げていく。

 パソコンの画面に見立てたティザービジュアルは、「ローラ・バーンズ 呪い」など検索ワードとともに、「検索したら呪われる―。」というキャッチコピーが恐怖をあおる。暗い画面越しにこちらをのぞき込むローラの顔がうっすらと浮かび上がり、怨念がこもったデザインとなっている。

 「アンフレンデッド」は、全米累計興行収入3200万ドルを記録し、早くも続編の製作が決定。ロシア製ドラマ「エターナル 奇蹟の出会い」のレベン・ガブリアーゼ監督がメガホンをとった。7月30日から東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋HUMAXシネマズほか全国で公開。