ケビン・ベーコン 写真:Startraks/アフロ

写真拡大

 マーク・ウォールバーグが主演・プロデュースする、ボストンマラソン爆破テロ事件を題材にした新作「パトリオッツ・デイ(原題)」に、新たにケビン・ベーコンが出演することがわかった。

 CBSフィルムズ製作の同作は、ウォールバーグ主演「ローン・サバイバー」のピーター・バーグ監督がメガホンをとり、「ブリッジ・オブ・スパイ」のマット・シャルマンが脚本を手がける。

 2013年4月15日に起こったボストンマラソン爆破テロ事件では、3人が死亡、260人以上が負傷。チェチェン系移民のジョハル・ツァルナエフが逮捕され、もうひとりの実行犯である兄タメルラン・ツァルナエフは逮捕劇の際に死亡した。

 ベーコンは、捜査にあたったFBIボストン支局のリチャード・デローリエ特別捜査官を演じる。ほか、ウォールバーグがボストン警察のダニエル・キーラー刑事役、J・K・シモンズが事件から4日後、非番の際に犯人を発見したウォータータウン警察のジェフリー・パグリーズ巡査部長役、ジョン・グッドマンがボストン警察部長エド・デイビス役を務める。

 ちなみにベーコンは、ジョニー・デップが実在の凶悪犯ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じた「ブラック・スキャンダル」(2015)でもボストンのFBI捜査官を、また主演した米FOXのサスペンスドラマシリーズ「ザ・フォロイング」では元FBI捜査官を演じていた。