写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アベンジャーズの仲間同士の分裂を描くマーベル・スタジオ最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4月29日公開)に、"最小にして最強のヒーロー"アントマンも参戦する。このたび、アントマンを演じる俳優ポール・ラッドが、同作出演の喜びを語った。

本作は、アイアンマン、キャプテン・アメリカが友情によって対立したことで、アベンジャーズをニ分する"禁断の戦い(シビル・ウォー)"へ発展してしまう様を描くアクションエンターテイメント。アントマンのほか、スパイダーマンも参戦する。

アントマンの本作での役どころは、キャプテン・アメリカの助っ人の隠し玉。マーベル作品と言えば、強くて格好良く、世界のために戦うというイメージがあるが、アントマンは仕事も家庭も失った人生崖っぷちな男スコット・ラングが、娘の養育費を払うため身長1.5cmのヒーローになる。特殊能力もなければ強くもなく、排水溝の水に流されたり、アリの大群に襲われたりと"お笑い担当"と言うべき人間味あふれたキャラクターだ。

撮影前にコミコンで共演者たちと会ったポールは、「会場をアベンジャーズと一緒に歩き回ったんだ。あれはまるでビートルズと一緒にいるような感じだった」とその時の興奮を表現。撮影に入っても「信じられないほど最高だった」と感激したそうで、「キャプテン・アメリカやファルコンと一緒のシーンを撮影した時、10歳の少年のような気持ちになったよ。『僕は本当にここの一員になったんだ』と思った」と振り返る。さらに「僕がアントマンのスーツを身に着け、キャプテン・アメリカやアイアンマンら全員が自分のスーツを着ている姿を見ただけで、幻覚を見ているようで超楽しかった!」と無邪気に話した。

映画『アントマン』(15年)では、主演以外にも脚本に携わっていたポール。本作でも何か執筆などしているか問われた際には、「アントマンならここでどうするか、どう言うのかなど何度か話し合った」と明かす。そして、「今回はアクションが多いから、アクションとユーモアのバランスがどうすればうまくいくのか考えた」と背景を語った。

(C)2016 Marvel.