アンナ・クラムスキー

写真拡大

多感な少女の成長を描いた映画『マイ・ガール』で主役のベーダを演じ、強烈な印象を残したアンナ・クラムスキー。現在、米HBOのコメディドラマ『The Veep(原題)』に出演している彼女が、第二子を懐妊していることが明らかとなった。

【関連記事】妻が主役な"妻系"海外ドラマに注目! 「軍人の妻」にフォーカスした『アーミー・ワイフ』の魅力は!?

2008年3月、アンナは軍人のショーン・ソーさんとニューヨークで式を挙げ、2013年には、第一子となる娘のペネロープちゃんが誕生している。米E!Onlineによると、第二子の性別は公表されていないが、年内に出産日が予定されているとのこと。

以前のインタビューで、アンナは子育てについて次のように語っている。「最高だし楽しんでいるわ。娘に個性が出てきて、見ていると面白いの。娘は愉快で可愛くもあり、そして意志が強いわ。ペネロープの全てを愛しているし、私の娘じゃなくても一緒に過ごしたいと思うでしょうね。一緒に過ごすには最高の相手よ」とコメントし、母親業を存分に楽しんでいるようだ。だが、女優である自分と同じ道を歩んでほしいとは思っていないようで、「‟学校の演劇でやめておきなさい"ってアドバイスするでしょうね」とも話している。

アンナは、『マイ・ガール』で子役スターとしての人気を確立した後、しばらく目立った女優活動がなかった。しかし近年は、犯罪ドラマ『ホワイトカラー』や『コバート・アフェア』といった人気シリーズへのゲスト出演が続き、『The Veep』のレギュラー出演で女優業に完全復帰。本作では、ジュリア・ルイス=ドレイファス(『となりのサインフェルド』)扮する米国副大統領のフィクサー、エイミーを演じ、エミー賞コメディ部門の助演女優賞にもノミネートされている。

もうすぐ二人のママになるアンナが出演する『The Veep』シーズン5は、米HBOにて4月24日(日)22:30より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・アンナ・クラムスキー、人気TVドラマの次はブロードウェイでも活躍!『アントラージュ』ペリー・リーヴス、『コバート・アフェア』シーズン5に出演決定!『コバート・アフェア』パイパー・ペラーボが新リーガルドラマの主役に!