写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)の特報映像が8日に公開され、主演女優フェリシティ・ジョーンズが演じるヒロインの名前やキャラクターが明らかになった。

本作は、悪役ダースベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05年)と、スター・ウォーズ伝説の起点となった作品『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(78年)をつなぐ作品。

映像は、ヒロインが反乱軍の基地らしき場所を歩いている場面からスタートする。彼女の名前はジン・アーソ。15歳の時から1人で生きてきたジンは、書類の偽造、盗品所持、そして暴行や傷害を起こし、無謀で攻撃的、自制心に欠ける一匹狼な"やんちゃ女子"だ。約1分半の特報の中で話すセリフは「反乱を起こすのね? やるわ」と「もちろん」という二言のみとなっており、ミステリアスな側面ものぞかせている。そんなジンが反乱軍の仲間と共に挑むのは、帝国軍の宇宙要塞"デス・スター"の設計図を入手する決死のミッション。映像では、ストームトルーパーを圧倒する派手なアクションも披露している。

さらに、初のお披露目となる黒いストームトルーパーをはじめ、帝国軍の宇宙戦艦スター・デストロイヤーや帝国軍地上部隊の巨大兵器AT-ATなどのガジェットも登場。このほか、キャラの詳細は明かされていないが、反乱軍の一員でクールな雰囲気を醸し出すディエゴ・ルナ、棒術でストームトルーパーを一蹴するドニー・イェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、チアン・ウェンといったキャストが顔を見せている。

主演のフェリシティは、演じるジンについて「最初は一人ぼっちで何もかも自分でやらなければならない状況に。周囲を遠ざけ、一匹狼を貫き通して生きてきました。それがあるときからリーダーとして仲間と一緒に戦わなければならなくなったのです」と説明した上で、「非常に人間らしいキャラ。必要なときには強さを見せ、決断力に優れ、すばらしい集中力をも併せ持っています」と魅力をアピール。続けて、「自分では気づいてないかもしれないけれどすごくタフで、それは彼女の卓越した能力の一つ」と加え、「生きている中で多くの危機にぶつかるけれど、それらを恐れずに乗り越えていくのです」と語る。

なお映像は、スパイダーマンが参戦することでも話題と呼んでいる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4月29日公開)でのみ先行して、全国の劇場にて鑑賞できる。

(C)Lucasfilm 2016