“癒し系”チーターにほっこり (C)2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー・アニメーションの長編最新作「ズートピア」の本編映像が公開された。お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄が日本語吹き替え声優を務めるチーターのクロウハウザーと、女優の上戸彩が声を担当する主人公ジュディが出会うシーンで、クロウハウザーは猛獣らしからぬ“癒し系”キャラを発揮している。

 同作は、動物たちの理想都市ズートピアを舞台に、ウサギの女の子ジュディが警察官になる夢をかなえるため奮闘する姿を描いたファンタジーアドベンチャー。田舎町からズートピアにやってきたジュディの最初の友人となるのが、同じ警察官のクロウハウザーで、太った体と優しいしゃべり口の親しみやすいキャラクターだ。

 映像は、初めて警察署に出勤するジュディを迎えるクロウハウザーの姿から始まる。クロウハウザーはズートピア初のウサギの警察官に「思ったよりもずっとかわいいよ!」と興奮気味に話したり、ジュディを見た目で判断したことをオーバーなアクションで謝罪したり、太っているせいでドーナツが首にはさまっていることに気が付かなかったりと、愛嬌たっぷりな振舞いを見せている。

 「ズートピア」は、ほかにジュディの相棒でキツネの詐欺師ニック役に森川智之、ズートピア市長のライオンハート役に玄田哲章、スイギュウでズートピア警察署長のボゴ役に三宅健太、ヒツジのベルウェザー副市長役に竹内順子ら豪華声優陣が共演する。4月23日全国公開。