KERA×井上芳雄×小池栄子の新作舞台

写真拡大

 劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の新作舞台が、2017年2月から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演されることが決定した。タイトルやストーリーなどの詳細は明かされていないが、井上芳雄と小池栄子が共演する。

 「劇団ナイロン100℃」を主宰し、これまでにサブカルチャーから文芸作品まで幅広い作品を創出してきたKERA。“ナンセンスコメディの旗手”とも言われ、話のトーンや間のズレなどで独特の空気感をかもし出す緻密な演出が特徴なだけに、キャストの技量が試される作家としても知られている。

 KERA作品に初参加する井上は、「一見接点がなさそうな僕に興味を持って下さったことに、半信半疑というか嬉しい驚きでした」と振り返る。さらに「共演の小池栄子さんは、自分を高めて今がある本物、恐いくらい演技力のある女優さん、という印象です。胸を借りるくらいの気持ちでご一緒したいと思います」と語り、「KERAさんのオリジナルですし、新作ですし、誰もまだ見たことがないもの、初めての感情をお届けできればと思います」と抱負を述べた。

 昨秋の「グッドバイ」に続いてKERAとタッグを組む小池は、「大好きなKERAさんの演出を受けられること、しかも初めてのシアターコクーン、そしてお相手は才能あふれる王子様・井上芳雄さん。今から興奮で鼻血が止まりません」と心待ちにしている様子。そして、「いつも通り『やれるべきことを全力でやる』のみ。今からワクワクしております。皆様も楽しみにしていて下さい!」と呼びかけている。

 また、当のKERAは「何年も前に井上芳雄くんにオファーしました。ストレートプレイだということ以外にはまったく、何ひとつ、共演者すら誰ひとりとして決まっていないにも関わらず、彼は快諾してくれました」といい、「僕はそういう俳優さんが大好きです。ミュージカル界のプリンスと称されてきた井上くんですが、しかし、一方で非常に生活感を感じます」と手放しで褒めちぎる。小池についても、「『グッドバイ』で強烈なキャラクターを演じてもらいました。あの役は書いた僕が言うのもなんですが、意外性に富んだ当たり役だったと思います。今回はもっとずっと複雑な女性を演じてもらうことになるでしょう。難役をあてがいたくなるのは、抜群に上手いからです」と惜しみない称賛を送っている。

 KERA新作舞台は、17年2月にBunkamuraシアターコクーンで上演される。チケットは今年11月に発売予定。