写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の竹内結子(36)が6日、東京・銀座で行われた時代劇映画『殿、利息でござる!』(5月14日公開)の完成披露試写会に出席した。

磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」を原作とする本作は、江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台とする物語。実在した穀田屋十三郎(阿部サダヲ)ら庶民9人が、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を救うため、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」実現に向けて奮闘する姿を描く。

竹内が演じるのは、吉岡宿の住人が集う煮売屋のおかみで未亡人の"とき"。試写会では、「本当に本当に、心から温かい気持ちになれるすごく素敵な作品です」と熱く作品をアピールした。そして、共演のきたろうに「竹内さんのドレスの背中がすごい素敵なので見ていただきましょう。もうずっとそこしか見てないです」と言われると、観客に向けて背中を披露。大きな拍手が沸き起こった。

同イベントには、竹内のほか、主演の阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、中村義洋監督が参加した。