フジテレビでは露骨な”コネ入社”が続いている

写真拡大

 月9ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)の主題歌『TRUE LOVE』がヒットしたとき、さすがにこんな未来はイメージできなかっただろう。ミュージシャン・藤井フミヤの長男である藤井弘輝が4月1日、今春からフジテレビでアナウンサーとして採用されていることが明らかになった。フジテレビの伝統芸とも言えるあけすけなコネ入社に、呆れる声が広がっている。

■アヤパン、高橋真麻…コネ入社は伝統?

 今年フジに入社した藤井フミヤの息子・弘輝は、慶応大学を卒業した24歳。浪人無しで卒業する学生に比べて卒業が2年遅い理由は、アメリカに留学していたから。都内の私立中学校を卒業後に入学したニューヨーク州ウェストチェスター郡の慶應義塾ニューヨーク学院(日本の慶応義塾大学が母体)が4年制であることに加え、学年の切り替わりが4月の日本と9月のアメリカでズレてしまい、大学の卒業時期も遅れた模様。

 昨年7月28日発売の写真週刊誌「FLASH」では、弘輝がフジテレビのアナウンサー採用試験を受けていることを紹介。本人がスポーツ実況を希望していることなどを語っていた。本サイトの記事では当時、「凋落のフジテレビが話題作りのため入社させるというシナリオ」を心配していたが、それがまさかの現実となった。

 保護者参加が慣例となっている1日の同局入社式にはフミヤ夫妻も出席したというが、巷ではフジテレビならぬ「コネテレビ」、「絵に描いたような縁故採用」と呆れる声がアチコチから聞こえる。

「藤井フミヤの息子は、藤井フミヤの息子でなくてもフジに入社できたでしょうか。フジの採用基準には疑問を感じますし、他の学生がちょっとかわいそうですね」(芸能関係者)

 過去にも、フジテレビに入社した2世は少なくない。"アヤパン"の名で高い知名度を誇った現フリーアナウンサー・高島彩の父親は俳優の竜崎勝(本名、高島史旭)、高橋真麻の親も俳優の高橋英樹。局内でディレクター職をつとめると言われる陣内太郎の親は俳優の陣内孝則だ。フジのコネ入社は、もはや伝統芸の域に近い。

 そんな話題の入社がある一方、4月末には約8年にわたってフジテレビに注目を集め続けたエースアナウンサーの"カトパン"こと加藤綾子が退社する。その穴を埋めるのは簡単ではない。

 4月から新しく始まる月9ドラマ「ラヴソング」も福山雅治とヒロインを演じる藤原さくらの歳の差カップルの演出が不安視されている他、バラエティ番組も音楽番組も毎週なかなか視聴率トップ3に入れない状況が続いている。

 唯一の救いはアニメだ。長寿アニメ番組の「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」と、「ワンピース」だけが安定した数字を出している。3月27日放送の60分スペシャルアニメ「原作生誕70年記念サザエさん春の浅草観光&湯水家でお手伝いSP」は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、3月4週(21〜27日)のアニメ部門では「ワンピース」の8.2%と合わせて1位・2位を獲得した。

「バラエティや音楽、ニュース、ドラマは何度もテコ入れしていますが、どれも踏んだり蹴ったりの結果に終わっています。日本テレビは土屋敏男氏などプロデューサーや編成など"テレビ局の中の人"が実力を発揮して注目を集めていますが、フジは話題性のある人間をキャスティングして盛り上げようとする傾向があります。準備された企画・脚本が貧弱であれば、いくら優れた人でも力を発揮するのは難しいです」(同上)

 藤井フミヤ長男の入社も、いわば話題性優先のフジらしい"キャスティング"とも言える。そしていつの日か、メインキャスターは息子・弘輝アナ、番組テーマ曲を手がけるのは父親・フミヤ、なんて青写真をフジは描いているかもしれない。文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。