効率の良い攻撃で4得点!最後まで試合の行方がわからない好ゲームに

7番・藤(都立小平)

 府中市民球場で行われた春季東京都大会1回戦。第一試合は都立小平と城西大城西の一戦となった。両校ともに先発は背番号10番。城西大城西の先発・上武は都立小平打線に3回までヒットを許さない素晴らしい立ち上がりを見せ、都立小平の先発太田も要所を抑えるピッチングで得点を許さない好ゲームとなった。

 城西大城西は2回、5番笠井のヒットでランナーを出すも無得点。続く3回には9番浜比嘉、1番、金子(裕)、2番佐川の連続ヒットで一死満塁のチャンスを作るが一本が出ない。4回には5番笠井がヒットで出塁し、7番永野もヒットを放ちチャンスメイクするがここでも一本が出ずに無得点。

 ピンチをしのいだ都立小平はその裏、ここまでノーヒットに抑えられていた上武から2番白石 孝がレフト前に初ヒットを打つと、続く3番山賀が一塁側に絶妙なバントを転がし自らも塁に出た。さらに無死一、二塁にチャンスで4番久守が三塁側にバントを決め、俊足を飛ばし自らも出塁し無死満塁のチャンスを作った。続く5番吉田 航が犠牲フライ、6番菅野のスクイズ、7番藤のタイムリーでこの回3点を先制した。

 6回、城西大城西は背番号11の熊坂にスイッチ。そしてその回、都立小平は5番の吉田の長打でチャンスを作ると7番藤がライト前にタイムリーヒットを放ち追加点を取った。

 2回以降ランナーを出していたのも関わらず得点に繋がらない城西大城西は、8回にようやく得点を挙げる。疲労で球が浮き始めた太田のストレートを5番笠井がセンターオーバーの二塁打を放つ。その後、7番永野が長打を打ち1点、代打の原川がタイムリーヒットを打って2点を返した。

先発・上武(城西大城西)

 そして9回、2点差を追いかける二死から3番落合のヒットの後、4番村木、5番笠井が続き1点を返したが、反撃もここまで。惜しくも敗れてしまった城西大城西だが、4-3の締まった好ゲームを見せ、地力の高さを見せた。

 敗れはしたものの城西大城西は守備がしっかりと鍛えられていた。守備位置がよく、ヒットにならなかったケースや、セカンド金子(裕)、ショートの佐川の好プレーが輝きピッチャーを助けていた。攻撃面でも5番の笠井、7番永野が3安打放ち、土壇場で追い上げる粘り強さも評価したい。今後は夏の大会に向けて、さらなる攻撃面での強化を目指して頑張って欲しい。

 一方都立小平は、試合後に冨永治彦監督が先発の太田は終盤、球が浮いてしまったが期待通り良いピッチングを見せてくれたと語った。太田は昨秋の都大会の早実戦で良いピッチイングを見せただけに今後にもかなり期待できる。さらに、今日はランナーが出たらバントでチャンスを広げそのチャンスを逃すことなくモノにして効率の良い攻め方ができていた。中でも7番の藤が良い場面で打ってくれたので次も期待したいと冨永監督は語った。

 次は強力打線の都立日野高校と対戦。試合巧者・都立小平とチームカラーが対照的な対決は見応えある一戦といえるだろう。

注目記事・2016年度 春季高校野球大会特集