写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは1日、世界初となる"ゴースト捕獲装置"「プロトンパック」の開発に成功したことを発表した。日本での展開は8月19日を予定。

開発に30年を超える年月を費やしてきたプロトンパックには、ソニーの最新技術を搭載。Xperiaスマートフォンと同じSTAMINAモードを持っておりバッテリーが長持ちするほか、デジタルカメラ・サイバーショットRXシリーズに採用されているスーパースローモーション機能によってゴーストを毎秒960フレームで高速動画撮影もできる。

加えて、同社の製品にワイヤレスで接続することで、捕獲物体を閲覧、転送、シェアすることも可能。このプロトンパックが発表されることで、これまで"おばけ"に悩まされていた人も、簡単かつ楽しくゴーストを捕獲できる時代が訪れるという。なお、同製品は、同社のエンジニアと専門家であるジリアン・ホルツマン氏によって共同開発されたものだ。

社長兼CEOの平井一夫氏は、「プロトンパックの完成は、コロンビア大学のスペングラー博士が開発に着手して以来、世界の名だたる技術者にとって長らくの夢でした」と述懐。「今回の偉業は、常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、また、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な『WOW』をまさしく体現するもの」とおなじみの"WOW"のキーワードと共に喜びを語った。

…というのはすべて嘘。ソニーによるエイプリルフール企画だ。

プロトンパックといえば1984年、世界で大ブームを巻き起こした映画『ゴーストバスターズ』で、幽霊退治を仕事とする"ゴーストバスターズ"の面々が背中に背負って、ゴーストを捕獲する際に使う装置。現在でも"つなぎ姿"とプロトンパックは、バスターズを象徴するアイテムとなっている。

ソニーのエンジニアと共同開発を行っていたという"ジリアン・ホルツマン"は、8月19日に公開される『ゴーストバスターズ』で女優ケイト・マッキノンの演じるキャラクター。また、平井氏のコメント内でプロトンパックの開発に着手したとされた"スペングラー博士"は、オリジナル版『ゴーストバスターズ』に登場するキャラクターだ。なお、プロトンパックの製品サイトは本当の情報で、こちらは4月1日限定で公開。サイトのSONYロゴの"O"の文字にマウスオーバーするとなじみ深い「ノーゴースト」のマークに変化するなど遊び心にあふれてる。

8月19日公開の『ゴーストバスターズ』は、世界で初めて心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていたコロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)が、大学側に一方的に研究費を打ち切られてクビになったことから、その知識と技術力を生かすため、"幽霊退治"を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業したことから物語が始まる。全員女性の新生バスターズが、ニューヨークに出現したゴーストたちを捕獲していく。