チャーリー・コックスと武田梨奈

写真拡大

Netflixとマーベルが共同制作するドラマ『Marvel デアデビル』。そのシーズン2が3月18日から全世界で配信されていることを受けて、主演のチャーリー・コックスが初来日し、記者会見を行った。

【関連フォト】『Marvel デアデビル』来日記者会見フォトギャラリー

チャーリーはまず、シーズン2について「前のシーズンではヒーローの誕生を描いたけれど、このシーズンはより複雑になり、何がヒーローをヒーローたらしめているのか、英雄的な行為というものは現代においてどういう意味を持つのかといったことを問いかけているんだ」と、前のシーズンよりもさらに深い内容になっていることを説明。

CGを一切使わずに作り上げられている本作のリアルなアクションの魅力については「ある種のエネルギーを観る者にも与えて、より惹きつける一因となっていると思う。またこの作品では、キャラクターそれぞれの個性を鑑みてその人のアクションシーンを考えているんだ。そういう部分も楽しんでほしいね」と語った。チャーリーはまた、主人公のデアデビルことマット・マードックが、スーパーパワーを持ったヒーローではなく生身の人間であることを反映し、作品全体がリアリティをもって描かれている点も気に入っているという。

シーズン2から登場するキャラクター、パニッシャー/フランク・キャッスルについては、「シーズン1で登場したフィスクは明確に悪役(ヴィラン)だったけど、フランクはもっと複雑なキャラクターで、悪役ではなくアンチヒーローだね」と、前回の敵との比較を交えて描写。

元恋人のエレクトラ出現により、マットとカレンとエレクトラの三角関係となることについては「マットは、カレンと一緒にいる時には優しい心を持ち他人を思いやる面、エレクトラと一緒にいる時には法を破ることも厭わない面と、性質は違うけど、どちらの場合もありのままの自分でいられるんだ」と、女性との関係を通してマットの逆説的な面が描かれていることに満足感を示した。

また、目が不自由なキャラクターを演じることについて、「障害を持っている方がこの作品を観て"きちんと描いているな"と思ってもらえるようにと、常に意識している」と真摯に取り組んでいることを明かしている。

さらには、役作りの一環で、目が見えない人をアドバイザーに一緒に街なかを歩いた時のエピソードも披露したチャーリー。「目隠しをして杖を持った僕が前を歩いて、彼はその後ろにいたんだけど、突然『止まって。君の前に壁があるから』って言われて、本当に壁があったんだ。聴覚が優れている彼は、壁に音が反響するわずかな違いに気づいたんだ。あれには本当に驚いたよ」と振り返った。

会見の最後には、空手の有段者である女優、武田梨奈がゲストとして登場。本作に「どっぷりハマっていて、特にアクションシーンは繰り返し見ている」という彼女がデアデビルのテーマカラーである赤のドレスで登場すると、チャーリーが「僕よりも赤の着こなしが似合うね」と称賛。その武田と対戦して勝てるかを聞かれたチャーリーは「絶対に無理」と即答。「できるだけ急いで逃げ出すだろうね」と続けて、会場の笑いを誘った。

『Marvel デアデビル』シーズン2はNetflixで配信中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『デアデビル』チャーリー・コックス、オフブロードウェイの舞台に出演決定!『ウォーキング・デッド』のあの人も登場! 『デアデビル』シーズン2の予告編解禁芸人である前にマーベル作品が大好き! Netflix『デアデビル』の魅力について語る