デアデビルを意識した衣装の武田梨奈も登場

写真拡大

 米ネット配信大手Netflixとマーベルが共同製作するドラマ「デアデビル」の主演俳優チャーリー・コックスが初来日を果たし3月31日、都内で会見した。会場には、特別ゲストとして女優の武田梨奈(「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」2部作)も駆けつけた。

 昼は盲目の弁護士、夜は覆面のヒーロー“デアデビル”として、法を逃れた悪人に鉄ついを下すマット・マードック(コックス)の活躍を描く。3月18日に配信開始されたシーズン2では、秩序を取り戻したはずのヘルズ・キッチンに、犯罪者の命を狩る処刑人“パニッシャー”ことフランク・キャッスル(ジョン・バーンサル)や、マードックの元恋人で暗殺者のエレクトラ(エロディ・ユン)が現れ、前シーズンを超える危機が降りかかる。

 コックスは、同じマーベルコミックを原作とする「アベンジャーズ」を例に挙げ「アベンジャーズは宇宙、デアデビルは10ブロック平方を守っているんだよ」とより身近な“地域密着型”のヒーローであることをアピール。「本作はCGを一切使わず、アクションを含めて現実に根付かせている。我々は、このキャラクターだからこう動く、というストーリーテリングのためのアクションに意識を傾けているんだよ。シーズン2では(物語の)内容がより複雑になり、何がヒーローをヒーローたらしめているのかを描いているんだ」と語った。

 新キャラクターについては、それぞれがマードックに与える影響を解説。「パニッシャーはビランというよりもアンチヒーロー。パニッシャーが登場した時、マットは悪人のレッテルを貼ってしまうけど、(マットの同僚の)カレン(デボラ・アン・ウォール)の言葉によって似通っている部分もあるのではないかと気づいていく」「エレクトラの登場でマット、カレン、エレクトラの三角関係になっていく。カレンにはデアデビルのことを打ち明けられないけれど、エレクトラはありのままの“デアデビル”を愛してくれるんだ」。

 コックスは、今後の展開についても言及。「現時点でシーズン3が制作されるかは僕にはわからないのだけど、『このキャラが登場しないとデアデビルじゃない!』と思う“ブルズアイ”がいつか登場したら嬉しいな」と胸を膨らませた。

 空手の有段者であり、アクション女優としても活躍する武田は、デアデビルを意識した“デビルヘアー”と真っ赤なドレスで登場。コックスにデアデビルをかたどった花束をプレゼントし「シーズン2には日本人の方も出演されているので、シーズン3があれば出演したい」と抱負を語った。

 「デアデビル」は、Netflixでシーズン1&2(各13話)が配信中。