道頓堀川でPRした真剣佑、広瀬すず、野村周平

写真拡大

 女優の広瀬すずが3月30日、大阪・道頓堀川で行われた初主演映画「ちはやふる 上の句」のPRキャンペーンイベントに、共演の野村周平、真剣佑とともに出席した。イベント開始2時間前に3人の登場が告知されると、約1万人のファンが結集。道頓堀川で行われたイベントとしては、過去最大級の集客となった。

 タイトルにもある歌「千早ふる 神代もきかず竜田川 から紅に水くぐるとは」にちなみ、観客の持つ赤いうちわで真っ赤に染まった道頓堀川に、赤い船に乗って姿を現した3人。自身初の関西でのイベントなだけに、広瀬は「初めてがまさかこんな(たくさんの)みなさんの前でやるなんて思っていなかったので、どうしたらいいんだろう?! 戸惑っています」と吐露する。それでも、「大阪でこんな盛大に『ちはやふる』のイベントをしてくださり、ありがとうございます。すごく幸せです」と喜び、兵庫県出身の野村に関西弁を教わりながら「大阪のみんな、好きやで!」と声を張ると、観客のボルテージは最高潮に達した。

 さらに広瀬は、野村&真剣の印象を聞かれ「周平君はすごく面白いのに、いざという時は頼りになる。マッケンは、自然な天然だけど、男らしい」とほめちぎる。すると野村は、「すずはかわいいし、天真爛漫な性格で、お芝居も上手で全部好き。彼女がいるだけで現場が盛り上がるので、いてくれるだけで助かる。マッケンはかっこいいし、仕事に対しストイックだし、完璧すぎ」と負けていない。真剣も「すずちゃんは頑張り屋さんで熱心で、千早と同じでまっすぐで素直な子。ノム先輩は一見クールに見えますが、すごく優しい」と語り、それぞれ信頼感の強さをのぞかせた。

 累計発行部数1500万部を突破した末次由紀氏による大ヒットコミックを、小泉監督のメガホンで映画化。小学校時代に「競技かるた」で遊んでいた幼なじみの綾瀬千早(広瀬)、真島太一(野村)、綿谷新(真剣)が高校生になり、それぞれの思いを胸に秘めながら競技かるたに打ち込む姿を描く。前編「ちはやふる 上の句」は公開中で、後編「ちはやふる 下の句」は4月29日に封切られる。