写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の溝端淳平が(26)が31日、マーベル・スタジオ最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4月29日公開)の公開を記念して東京・渋谷の「JINNAN CAFE」に限定オープンした「マーベル・カフェ」のオープニングイベントに出席した。

最強ヒーローチーム"アベンジャーズ"の分裂を描く本作で、ファルコン役の吹き替えを引き続き担当する溝端は「もともと『アベンジャーズ』シリーズがすごい好きで、キャプテン・アメリカの相棒ファルコンをやらせてもらえるのはすごいうれしかった」と話した。

そして、「『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、ファルコンは少ししか戦っていなかったので、今回本格的にキャプテン・アメリカの相棒としてこのチームに参加できるのはすごくうれしい」と続け、「ファルコンがどんどんカッコよくなっているので、このシリーズの最後までなんとか生き残って頑張ってほしい」と熱く語った。

本作が全米より1週間早く、世界最速で公開されることについても「めちゃくちゃうれしい。日本で一番最初に見られるのは本当にありがたい」と感激。さらに、「日本でも『アベンジャーズ』シリーズの撮影をやってくれたら光栄だなと、ひそかに願っています」と期待した。

「マーベル・カフェ」は、3月31日〜4月13日の2週間限定でオープン。アイアンマンやキャプテン・アメリカのフィギュアなどが飾られた店内で、映画にちなんだメニューが味わえる。イベントには、ホークアイ役の雨上がり決死隊・宮迫博之も参加。2人は「スッパイダーマンサラダ」「キャプテンアメリカリゾットカレー」などのメニューを試食し、「レベル高い」「すごいおいしい」と満足していた。

(C)2015 Marvel.