本田翼×山本美月で描く禁断の湊かなえワールド (C)2016「少女」製作委員会

写真拡大

 人気若手女優の本田翼と山本美月の共演で、湊かなえ氏のベストセラー小説を映画化する「少女」が10月8日に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアル第1弾が公開された。

 制服姿の女子高生2人が花葬のように真っ白な花で埋め尽くされ、「見たい。人が死ぬとこ。」という衝撃的なフレーズが浮かび上ったビジュアルは、少女たちの純真さと欲望が入り混じり、美しくもはなかく、ピュアでありながらダークな世界観が表現された。このデザインのポスターとチラシは、4月2日から順次、全国の映画館で掲出・配布される。

 累計発行部数100万部突破の原作は、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望にとらわれた2人の女子高生の夏休みを描いた長編ミステリー。「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」で登場人物たちの繊細な心の機微をつむいできた三島有紀子監督が、目覚しい活躍をみせる本田と山本とともに刺激的な湊ワールドをスクリーンに描き出す。