デビッド・オイェロウォ&ググ・バサ=ロー Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic for HBO/Getty Images、
Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images

写真拡大

 J・J・エイブラムスがプロデュースする新作「God Particle(原題)に、「グローリー 明日への行進」のデビッド・オイェロウォと、「コンカッション(原題)」のググ・バサ=ローが出演交渉中だ。

 米バラエティによれば、同作は宇宙飛行士チームが万物の理論を揺るがす恐るべき発見をし、生死をかけた事態に直面するというSFスリラーで、ナイジェリア出身のジュリアス・オナー監督がメガホンをとる。パラマウント・ピクチャーズ配給で、2017年2月24日全米公開の予定。

 オイェロウォは現在、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライドと共演する新作「American Express(原題)」(ナッシュ・エドガートン監督)を撮影している。バサ=ローは、エマ・ワトソン主演のディズニー実写版「美女と野獣」(ビル・コンドン監督)にフェザーダスター役で起用されている。

 パラマウントとエイブラムスが製作した話題作「10 クローバーフィールド・レーン」は、6月17日日本公開。