Lとは違う一面にも期待! (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

 大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックを実写映画化した「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート 2016」で、Lの正当な“後継者”竜崎に扮した池松壮亮の場面写真が初公開された。椅子に座る姿とひょっとこのお面をかぶった姿の2点で、どちらも原作コミックや前作でのLを彷彿とさせるシーンを切り取ったものになっている。

 今作の舞台は、“正義”と称してデスノートで人々を死に追いやった“キラ”こと夜神月と、命をかけてキラを死に至らしめた探偵Lとの対決から10年後の世界。池松が演じるのは、Lが生前に遺した遺伝子から生まれ、Lの偽名“竜崎”を受け継ぐ世界的な天才私立探偵という役どころだ。

 公開された画像で、竜崎はLとのつながりと同時に“池松版”ならではの個性を放っている。椅子に座る姿はL独特の体育座りではなく、尊大さを示すように足を投げ出したもの。ひょっとこのお面は、Lがキラと対峙した際に使用したポップなものとは異なる、暗く気味の悪い表情のものを選んでいる。

 「デスノート 2016」は、竜崎役の池松とデスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創役の東出昌大、キラ復活を目論むサイバーテロリスト紫苑優輝役の菅田将暉が三つ巴のデスノート争奪戦を繰り広げるほか、前2作でアイドル弥海砂を演じた戸田恵梨香が女優へ転身した同役で続投。元「AKB48」で女優の川栄李奈がデスノートを使用した無差別殺人犯役でシリーズ初参加を果たす。「GANTZ」シリーズ、「アイアムアヒーロー」の佐藤信介監督がメガホンをとる。10月29日から全国で公開。