オリビア・マン Photo by Jason LaVeris/FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 「モンスター上司」のジェニファー・アニストンとジェイソン・ベイトマンが再び共演する新作「オフィス・クリスマス・パーティ(原題)」に、オリビア・マンが出演することがわかった。ほかに、8月19日日本公開のリブート版「ゴーストバスターズ」に主演するケイト・マッキノン、6月1日日本公開の「デッドプール」に出演しているT・J・ミラーが共演する。

 同作はオフィスのクリスマス・パーティの騒動を描くドタバタコメディで、監督は「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・スペック&ジョシュ・ゴードン。今春、アトランタで撮影が行われ、12月9日に全米公開される。

 マンは、シリーズ最新作「X-MEN:アポカリプス」にテレパシー能力を持つミュータント、サイロック役で出演しており、5月27日に全米公開される。