リリー・コリンズ 写真:AP/アフロ

写真拡大

 ポン・ジュノ監督、ジェイク・ギレンホール主演のモンスター映画「Okja(原題)」に、リリー・コリンズが出演することがわかった。

 ポン監督にとって「スノーピアサー」に続く英語作品で、ブラッド・ピットの製作会社プランBとNetflixが共同製作。ほかに、ティルダ・スウィントン、ケリー・マクドナルドの出演が決定している。米Wrapによれば、以前キャストとして報じられたポール・ダノは、スケジュール調整が必要でまだ出演は確定しておらず、ビル・ナイは企画から離脱したようだ。

 作品の詳細は不明だが、Okjaという心優しいクリーチャーと親しくなった韓国人少女が冒険の旅に出るストーリーだという。間もなく韓国とアメリカで撮影が行われ、2017年に公開される予定。

 コリンズは先頃、脚本家マーティ・ノクソン(「バフィー 恋する十字架」「マッドメン」「フライトナイト 恐怖の夜」)が自らの経験をもとに執筆した、拒食症と闘う女性を描くダークコメディ「To the Bone(原題)」に主演することが決まった。同作は今月末からロサンゼルスで撮影がスタートする。