ユニホームを除いた全身が真っ赤な奇抜なスタイルで始球式に登場した藤原紀香

写真拡大

 3月25日に開幕したプロ野球。今年の本拠地開幕は巨人、阪神、広島、ロッテ、西武、楽天。各球団がそれぞれ大物ゲストを始球式に招いた。今シーズンの幕開けを告げる第一球。今年も『週刊野球太郎』では、独断で開幕戦始球式を採点してみた!

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

【巨人】桃田賢斗
(NTT東日本バドミントン部)<95点>

 昨年の宇津木妙子(元ソフトボール女子日本代表監督)に引き続き、アスリートを招聘した巨人。桃田は2015年にバドミントン界の最高峰のひとつであるBWFスーパーシリーズで優勝するなど、今年のリオ五輪でも金メダルが期待されている新進気鋭の男。藤浪晋太郎(阪神)や大谷翔平(日本ハム)と同級生だ。

 サウスポーでゆったりとしたワインドアップからの投球はカーブ軌道で沈みながら外角低めにズバリ。プロ野球選手でも打ち取られてしまうような見事なアスリート投球を見せた。

 投球自体は100点満点だが、減点要素は背番号。昨年の宇津木元監督と同じく「2020」だったが、「東京五輪での野球復活」を掲げた昨年に対し、今年は「桃田の東京五輪での活躍を期して」というのが公式の理由として報じられている。野球賭博問題が波紋を呼ぶ中、「野球復活」を大きな声で言いにくかったのかも知れないが、桃田はまずリオ五輪が控えているわけで…。どうしても疑問が残る数字だった。

【阪神】西川貴教
(歌手・T.M.Revolution)<90点>

 昨年の倖田來未に引き続き、虎党アーティストに始球式を任せた阪神。今季、阪神は六甲おろしの新バージョン、『みんなで六甲おろし』を制作。西川はそのリードボーカルを務めた。

 ユニホームの裾からエプロンなのか何なのか、とにかくコテッコテの虎の顔がのぞく謎の衣装で登場した西川。注目の投球は大島洋平(中日)の内角にチェンジアップが決まった。唯一、残念なのは阪神が敗れたこと。

【広島】松井一實
(広島市長)<100点>

 カープの本拠地開幕は広島市長による始球式が恒例。昨年4月に再選を果たした松井市長にとっては、5年連続となるマウンド。63歳になった今年もノーバウンド投球でど真ん中に決めた。さすがの安定感。5年連続ノーバウンド継続中だ。それにしても政治家は始球式がうまい印象がある。

【ロッテ】土屋太鳳
(女優)<65点>

 QVCマリンフィールドでは、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務めるなど波に乗っている女優・土屋太鳳が始球式を務めた。21歳とまだ若く、女優ということで眉唾気味に見守ったが、投球はなんとノーバンでミットに到達。陽岱鋼(日本ハム)の頭上を通過したものの、ヘナチョコな投球ではなく、力強さを感じたので65点。各スポーツ紙記者も「ノーバン投球」と鼻息荒く、恒例の見間違え記事を書いた。

【西武】ホラニ龍コリニアシ
(ラグビー日本代表)<70点>

 昨年は埼玉出身の競泳・瀬戸大也を招いた西武。今年もご当地アスリート路線を継続し、埼玉工大深谷高〜埼玉工大出身のホラニにマウンドを託した。ゴツい胸板、編み上げた髪、モサモサのヒゲ、助っ人外国人のような風貌でマウンドに現れたホラニだったが、大観衆を前にかなり緊張した様子。プレー中の獅子のような気迫はなく、借りてきた猫状態。

 荒々しい投球を期待したが、優しく丁寧に外角ボールゾーンにノーバウンド投球を決めた。トンガ出身のホラニにとって、投げ慣れたボールではなかったはず。その中でも優しさのこもった投球はホラニの人柄が表れていた。

【楽天】藤原紀香
(タレント)<60点>

 Koboスタ宮城には真っ赤なエナメルパンツを履いた藤原紀香が登場。どこからどこまでが足なのか腰なのかわからない上、ユニホームを除いた全身が真っ赤な奇抜なスタイル。一目で「楽天カードマン」という言葉が脳裏を駆けめぐり、すぐに画像検索したが、だいたい合っている。「楽天カードウーマン」というイメージなのだろうか。

 お尻をプリッと突き出したダイナミックなフォームから投じたボールは外角ボールのエリアに山なり。ギリギリのところでノーバン投球とはならなかったものの、本人は両手を高く掲げて万歳ジャンプの大はしゃぎ。若く見えるが44歳である。嶋基宏(楽天)には喝。頑張ってミットを伸ばせばノーバン投球だった。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

【関連記事】