エズラ・ミラー Photo by John Parra/Getty Images for Columbia

写真拡大

 DCコミック原作のアメコミ映画「ザ・フラッシュ(原題)」に主演が決定している若手俳優エズラ・ミラーがこのほど、英ロンドンで開催された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のプレミアに、鍛え上げたマッチョな風貌に変身した姿で登場した。

 「少年は残酷な弓を射る」「ウォールフラワー」といったインディ映画に出演し、演技力が高く評価されているミラー。バンドを組んで音楽活動も行っており、これまで繊細な長髪のアート系男子というイメージだったが、DCコミックのスーパーヒーロー、ザ・フラッシュに抜てきされてから役作りのため肉体改造したようだ。

 ミラーは、ザ・フラッシュ役で「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にカメオ出演。今後は、DCコミックのヒーローが集結する「ジャスティス・リーグ パート1(原題)」が2017年11月17日、そして単独映画「ザ・フラッシュ」が18年3月16日に全米公開予定だ。

 このほかに、ミラーは「ハリー・ポッター」シリーズの注目の新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(エディ・レッドメイン主演)にも出演しており、こちらは11月18日から全米公開される。