川口春奈が魔女役で舞台主演!

写真拡大

 女優の川口春奈が、粟島瑞丸主宰の演劇集団Z-LION(ジーライオン)の舞台「Magician達のリファンタジ〜」に主演することが決定した。川口が演じるのは、映画好きの魔法使いという役どころ。さまざまな要素が混ざり合った、“ヒューマンハートフルファンタジーコメディー”になるという。

 物語は、主人公の魔法使い・小百合が密かに住み着いている自動車整備工場を舞台に進行する。映画を製作したい小百合は、試行錯誤しながら仲間たちと魔法を使った新しいジャンルの映画を作り出す。

 舞台「生きてるものはいないのか」(2014)で初めて主演を務めて以来2度目の“座長”となる川口は、「まだまだ未熟者で今は不安しかないですが、これから始まる稽古でしっかり土台とお芝居を作っていきます」と気合十分。脚本・演出を務める粟島は俳優として出演も果たし、川口と初タッグを組む。脚本は川口を想定した当て書きになっているといい、「(川口と)話す上でひらめいた物語。そこからすでに春奈さんとの作品作りがスタートしてると思います。日常のなかのありそうでないファンタジー。どうぞご期待ください」とコメントを寄せている。

 「Magician達のリファンタジ〜」は、6月22〜26日に六本木俳優座劇場で開催。価格は全席指定でS席6800円(税込み)、A席5800円(税込み)。詳細は演劇集団Z-Lion公式HP(http://www.z-lion.net)で確認できる。