ホアキン・フェニックス&エマ・ストーン共演 Photo by Sabrina Lantos
(C)2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

 巨匠ウッディ・アレン監督・脚本の新作映画「IRRATIONAL MAN」が、「教授のおかしな妄想殺人」の邦題で6月11日に公開されることが決定した。

 2015年の第68回カンヌ映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で初披露された本作は、「人はなぜ生きるのか?」という究極の命題をはらんだダークコメディ。奇抜なストーリー展開のなかに人間の不条理さや滑稽さが入り混じり、アレン流の皮肉なユーモアが炸裂する。主演を務めるのは、アレン監督と初タッグとなる個性派俳優ホアキン・フェニックス。ヒロイン役には、アレン監督の前作「マジック・イン・ムーンライト」に引き続きエマ・ストーンが起用された。

 夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授エイブ(フェニックス)は、人生の意味を見失ったことから孤独で無気力になり、真っ暗闇の中を生きていた。そんなある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にし、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪の計画に夢中になっていく。奇妙な目的を見出した途端、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も一変し絶好調に。一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(ストーン)は、教授の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなっていく。

 「教授のおかしな妄想殺人」は、6月11日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。