大胆告白をした華原朋美

写真拡大

 歌手の華原朋美が3月29日、都内で行われたクァク・ジェヨン監督最新作「更年奇的な彼女」の女性限定試写会に出席した。

 映画は、逆プロポーズを断られ更年期障害になってしまった26歳の女性が、そばにある愛を見つけて再生していくさまを描いた。主題歌を担当し、ひと足先に今作を鑑賞したという華原は「もう私の頭のなかは“結婚”になっています」と強まる一方の結婚願望を吐露。イベント後の取材では、「唾付けている人はいるんです」と大胆告白した。「今話ができるような状態にない」としながらも、「近くの(身近な)人。この業界の人ではないです」と一般の男性であることを匂わせた。

 さらに現在41歳の華原は、「もう誰も結婚するなと言わない。ファンの方にも『幸せなともちゃんが見たい』と言われるんです」。今作の主演女優ジョウ・シュンが撮影後に私生活で逆プロポーズして結婚したことを受け、「私も逆プロポーズできるような相手をチョイスしたい」と意気込んだ。

 またこの日は、主題歌「君がそばで」を観客の前で初披露し、「時が戻せるならあの日に返りたい」という歌詞に強い思い入れをにじませた。「歌詞を見ながら自分の年表が見えた」と言い、「いろいろな経験があったから今前を向いていけるのかなと思う。嬉しい時もあったけど、ほとんどが辛い時だった。でも今冷静に振り返られるのは、少し大人になったということかな」と笑顔を見せていた。

 「更年奇的な彼女」は、「猟奇的な彼女」「僕の彼女はサイボーグ」に続くアジアの“彼女”3部作の完結編として中国で製作されたラブコメディ。4月8日から東京・TOHOシネマズ日本橋・新宿ほか全国で公開。