『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

写真拡大

女性刑務所を舞台に繰り広げられる人間模様を描くNetflixの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でダヤナラを演じるダーシャ・ポランコ。彼女は、昨年17歳の少女を暴行した罪で逮捕され、裁判にかけられていたが、このほど暴行容疑が棄却されることになった。

【関連お先見】シーズン4に突入!悪夢の中にも笑いを見出す異色の刑務所ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』TCAプレスツアーレポート

ダーシャは昨年7月、自宅内で当時17歳だったミシェル・カルドナさんの顔や頭部を、こぶしで少なくとも3回殴打し、また髪を引っ張った上に腕や爪を負傷させたとして、逮捕されていた。

米Page Sixによると、今月23日にマンハッタンの裁判所で行われた裁判で、検察官は、ダーシャが6ヵ月間トラブルと無縁であれば、容疑は棄却されると発表したという。弁護士補佐のクリストファー・デイは、今回の決定は、被害者との会見を含む徹底的な調査に基づいて行われたと伝えている。

検察官は少女のケガについて、「彼女は擦り傷と打撲程度で済んだ」と伝えている。さらにデイは、ダーシャに前科がないことを踏まえて、今回の決断が適切であるとしている。

6月17日にシーズン4のプレミアが全米で配信される『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』。ダーシャは、自身のトラブルにケリをつけてから新たなスタートを迎えることができるようだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』ダーシャ・ポランコ、暴行事件について語るマシュー・フォックス、暴行を加えた女性から告訴される『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』、シーズン5〜7まで製作決定!