予告編が公開された「シマウマ」 (C)2015 東映ビデオ

写真拡大

 「ヤングキング」連載の小幡文生氏による漫画を実写映画化する「シマウマ」の予告編が完成した。ダークな世界観と容赦のないバイオレンス描写で、「絶対に読んではいけない漫画」と称される原作の世界観を映像化した、過激な本編の様子を垣間見ることができる。

 美人局でヤクザをひっかけてしまったことから闇社会の深部へと転落し、他者に受けた屈辱などをあらゆる方法を駆使して昇華させる「回収屋」として生きることになるドラこと倉神竜夫を主人公に、現代社会の暗部や身近に潜む闇をあぶり出す一作。「獣電戦隊キョウリュウジャー」でブレイクした若手俳優・竜星涼がドラを演じ、「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一が監督、「凶悪」の高橋泉が脚本を担当した。

 予告編は、「真の絶望」「無法地帯」「サディズム」「拷問」「裏社会」といったダークなキーワードをちりばめながら、 裏依頼人の恨みを暴力で「回収」するドラの様子を描き出していく。そして、回収屋の一員で奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者アカを演じる須賀健太や、回収屋の紅一点でミステリアスなキイヌに扮した日南響子、回収屋のボスで謎に包まれたシマウマを存在感たっぷりに演じる加藤雅也ら、個性的なキャストが体現するキャラクターたちと、彼らの生きる血と暴力に支配された世界を紹介。やがて始まる「史上最凶の回収」への期待をあおる映像になっている。5月21日全国公開。