「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
 RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

写真拡大

 イースター連休の週末を迎えた全米ボックスオフィスは、製作発表時から話題を集めていたアメコミ超大作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」が公開され、オープニング興収約1億6600万ドルを稼ぎ出す大ヒットスタートとなった。

 DCコミックスの2大ヒーローの対決を描いた同作のこの成績は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015年/約2億4700万ドル)、「ジュラシック・ワールド」(15年/約2億880万ドル)、「アベンジャーズ」(12年/約2億740万ドル)、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(15年/約1億9100万ドル)、「アイアンマン3」(13年/約1億7400万ドル)、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(11年/約1億6900万ドル)に次ぐ、歴代7位のオープニング興収。

 期待の高さゆえか、批評家からは厳しいレビューが多く寄せられるも、観客の間では賛否が半々。批評家の評価がもう少し高ければ、2億ドル超のデビューもあったかもしれない。監督は「マン・オブ・スティール」に引き続きザック・スナイダー。出演はバットマン/ブルース・ウェインにベン・アフレック、スーパーマン/クラーク・ケントにヘンリー・カビルの他、ジェシー・アイゼンバーグ、エイミー・アダムス、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンターに、ワンダーウーマン役のガル・ギャドット。

 17年11月にはバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン以外のDCコミックスのヒーロー、アクアマン、ザ・フラッシュ、サイボーグもメインキャストとして登場する「ジャスティス・リーグ パート1(原題)」が公開予定。こちらもザック・スナイダーがメガホンをとる。

 約2400万ドルの興収で2位となったのは、3週連続の首位から陥落したディズニーアニメ「ズートピア」。累計は約2億4000万ドルを超え、3億ドル超えも可能な位置につけている。

 そして、約1700万ドルのオープニング興収で3位デビューとなったのが、ニア・バルダロス脚本・主演のファミリーコメディ「My Big Fat Greek Wedding 2」。バルダロスの一人舞台を映画化して02年にロングランヒットとなった「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」の14年ぶりの続編。前作で結ばれたギリシャ系女性トゥーラとアメリカ人教師イアンの一家の新たなる騒動が描かれる。共演はジョン・コーベット、マイケル・コンスタンティン、レイニー・カザン、ジア・カリデスら前作のキャストが続投。今作でも製作を担当したのはトム・ハンクス&リタ・ウィルソン夫妻。監督は「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」「恋愛だけじゃダメかしら?」「みんな元気(2009)」のカーク・ジョーンズ。

 今週は、アフロ・アメリカン向けコメディ「Meet the Blacks」、宗教ドラマ「神は死んだのか」の続編「God's Not Dead 2」のほか、リチャード・リンクレーター監督作「エブリバディ・ウォンツ・サム(原題)」が限定公開される。