悪夢再び 写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

 エイドリアン・ライン監督、ティム・ロビンス主演の1990年のカルトスリラー「ジェイコブス・ラダー」がリメイクされることになった。

 米Deadlineによれば、同リメイクでは、サスペンススリラー「The Perfect Guy」(2015)のデビッド・M・ローゼンタール監督と主演のマイケル・イーリー(「アンダーワールド 覚醒」)が再タッグを組む。脚本を「ゾンビ・ホスピタル」のジェフ・ブーラーと「バウンティー・ハンター」のサラ・ソープが手がける。

 「ジェイコブス・ラダー」は、ベトナム戦争を背景に、夢と現実との区別がつかなくなって悪夢の中をさまよう男(ロビンス)の恐怖を描くサイコスリラー。リメイク版は今年5月の撮影開始を予定している。