高橋みなみ

写真拡大

 3月27日に卒業コンサートを行った「AKB48」の高橋みなみが、第一興商のカラオケ情報コンテンツ「DAM CHANNEL」の第13代MCを務めることになり3月29日、都内での就任式に臨んだ。

 カラオケ店で曲の間に流れる映像で、高橋はアーティストのインタビューを担当。同社からは“カラオケ総監督”の役職を与えられ、「歌手を目指すきっかけがカラオケ。友達に『みなみ、うまいんじゃない』と言われ調子こいてここまできた。人生の中で総監督と呼ばれることはあまりないので誇りに思っている。アーティストの良さを引き出せるよう、学びながらやって盛り上げていきたい」と、卒業後の初仕事に腕を撫した。

 カラオケの十八番は中森明菜の「DESIRE 情熱」で「歌って会えるものなら、歌いますよ」とサビの一節を披露。「AKBに入ってから10年間、どこかで会えるんじゃないかと思っていたらすれ違うこともなかった。すれ違うだけでもいいから、居場所が分かったら教えてください。でも、会ったら多分泣いちゃう。アルバムを全部持っていって、1枚にサインをもらう1ファンになっちゃう」と照れながら思いをはせた。

 25歳の誕生日となる4月8日の東京・秋葉原の劇場公演で卒業。恋愛も解禁となり、総合プロデューサーの秋元康氏からは「その日の夜から男と会え」とハッパをかけられたそうだが、「会う男性がいない。これまでアプローチしてきた男性がいたら、けっこうヤバいヤツですよね」と苦笑い。取材陣からは親交のある西川貴教の名前がしきりに出たが、「私には一択しかないのかい?」とツッコミで切り返した。

 また、6月のAKB選抜総選挙については「普通にいったら指原(莉乃)かな。連覇、狙っていますよ」と予想。だが、昨年に続き不出馬の小嶋陽菜の愛称を冠した「にゃんにゃん仮面」なる正体不明のメンバーが立候補を届け出ており、高橋も「卒業する時に言おうと思います。にゃんにゃん仮面を出馬させてください」と面白がっていた。