野村周平、一体どんな役に? (C)2016「あやカノ」製作委員会
(C)2014 CJ E&M CORPORATION

写真拡大

 若手俳優の野村周平が、多部未華子主演のコメディ映画「あやしい彼女」にカメオ出演していることが明らかになった。

 頑固で毒舌、皮肉屋の73歳のおばあちゃんが、突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる騒動を描く。「ちはやふる」2部作や「ライチ☆光クラブ」といった話題作が相次ぐ野村は、「アッと驚く重要人物」に扮しているいい、さわやかなスーツ姿を収めた劇中カットが公開された。野村は出演を「誠に光栄です」と喜び、「撮影期間は短かったのですが、楽しい撮影ができました」とコメントを寄せている。

 主演の多部が、見た目は20歳、中身は毒舌な73歳のおばあちゃんという大鳥節子役でコメディエンヌぶりを発揮するとともに、歌声も披露。多部と2人1役で73歳時の主人公を倍賞美津子が演じるほか、小林聡美、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎らが脇を固め、コメディの名手・水田伸生監督(「謝罪の王様」)がメガホンをとった。

 「あやしい彼女」は4月1日から全国公開。