上からスポック、ウフーラ、ボーンズ (C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 人気SFアクション「スター・トレック」シリーズの最新映画が、「スター・トレック Beyond」の邦題で10月に公開されることが決定。おなじみのクルーの中から、ザッカリー・クイント演じるスポック、ゾーイ・サルダナ演じるウフーラ、カール・アーバン扮するボーンズの劇中カットがお披露目された。

 1966年のテレビシリーズ開始から50年。新劇場版シリーズ第3弾となる本作では、前2作でメガホンをとったJ・J・エイブラムス(「スター・ウォーズ フォースの覚醒」)が製作総指揮に回り、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンが監督を務める。スコッティ役で出演するサイモン・ペッグが、ダグ・ユングと共同で脚本を執筆した。

 宇宙の最果てにある未知の領域を探索するエンタープライズ号のクルーたちは、謎の敵に遭遇し、自分たちや惑星連邦の存在意義、真価を問われていく。カーク役のクリス・パインをはじめ、クイント、サルダナ、アーバン、ペッグ、アントン・イェルチン、ジョン・チョーらが再集結。新キャストとして、次期ジェームズ・ボンドとして呼び声高いイドリス・エルバ、「キングスマン」でブレード義足の殺し屋ガゼル役を好演したソフィア・ブテラ、「ワイルド・スピード EURO MISSION」でリン監督とタッグを組んでいるジョー・タスリムが参戦する。