我慢比べから一転。終盤の得点で南が東を下しコールド勝利!

先発・山本(南)

 3月27日、南高校グランドにて春季神奈川県大会横浜地区予選Oブロック、2日目が行われた。この日の第1試合は南と東の対戦。南は神奈川大附に9対2、東は横浜平沼に7対6と、ともに初戦を勝利で飾っている。

 南は1回裏にヒットと四球で満塁のチャンスを作り出すと、6番・谷口のタイムリーが飛び出しまず1点を先制する。

 東先発・江森はボールが先行する苦しい投球に。それでも牽制を駆使し冷静なプレーを見せなんとか無失点で切り抜け、味方打線の奮起を待つ。

 一方の南先発・山本は、こちらも走者は背負うものの要所をしめる投球を見せ、東に得点を許さない。3回には二死からヒット2本と四球で満塁のピンチとなるが、東5番・渡邉をライトフライに打ち取る踏ん張りを見せる。

 互いに我慢比べとなってきた試合を打ち破ったのは南だった。5回裏、一死一、二塁から4番・ショーンがライトへタイムリーを放ち、ついに追加点を挙げることに成功。5番・堀もタイムリーで続き、2点目。さらに一死二三塁とプレッシャーをかけた後の7番・山本の当たりが東のエラーを誘い、ランナーが一気に2人生還。この回4点を奪い取る。勢いに乗る南は6回裏にも相手エラーや5番・堀の犠牲フライなどで2点を追加。7対0とする。

 序盤からの我慢比べが一転、コールドゲームがかかった7回表、南は山本からマウンドを任された金子が無失点で抑え、試合終了。南はコールド勝ちで2連勝と、ブロックで一つ抜け出る形となった。

(写真・文=青木 有実子)

注目記事・2016年度 春季高校野球大会特集