ジェニファー・ビールス
 - Barry King / Getty Images

写真拡大

 映画『96時間』の前日譚(たん)のテレビドラマで、「Lの世界」のジェニファー・ビールスがヒロインにキャスティングされた。Deadlineが報じた。

 同ドラマは映画版でリーアム・ニーソンが演じたブライアン・ミルズの若かりし頃を、現代を舞台に描いた作品。ジェニファーは国家情報機関の特別副長官を演じ、CIAの精鋭を集めたOPCON(オペレーショナル・コントロール)チームに所属しているブライアンに目をかけるという。ブライアンは、テレビドラマ「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」「CAMELOT 〜禁断の王城〜」のクライヴ・スタンデンが演じる。

 このほかには、「ALMOST HUMAN/オルモースト・ヒューマン」のマイケル・アービーと「ウォーキング・デッド」でシーザーを演じたホセ・パブロ・カンティージョがOPCONのチームメンバーとしてレギュラー入りしているほか、テレビ映画「婚活 365日!」のブルックリン・スダーノが学生役で登場する。(澤田理沙)