舞台挨拶に立った小関裕太と森川葵

写真拡大

 小関裕太と森川葵が主演を務めた青春ホラー2部作「ドロメ 男子篇」「ドロメ 女子篇」が3月26日、東京・シネマート新宿で封切られ、小関と森川をはじめ共演の中山龍也、三浦透子、大和田健介、遊馬萌弥、岡山天音、比嘉梨乃、メガホンをとった内藤瑛亮監督が舞台挨拶に出席した。

 男子校と女子校の演劇部合同合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する甘酸っぱい恋愛と恐怖を、男女それぞれの視点で描く青春ホラー。劇中のメイドコスプレ姿で登場した森川は、撮影中の「女子同士の会話」について質問され、「コセッキー(小関)って、あまり男性の魅力がないよねと話していました」と一刀両断。場内が笑いに包まれるなか、森川は「男性としての色気? それがあまり感じられないから、女子のなかに混じっていても違和感がない」と言い換えたものの、小関は「それですごく傷ついて、自分について考えました」と肩を落としていた。

 撮影は和気あいあいと進んだそうで、壇上ではムードメーカーの岡山が「大和田に連絡先を聞かれた時の森川」のモノマネを披露した。「LINE教えてもらっていいですか?」(大和田)、「いや、いいです」(森川に扮する岡山)と無下に断られるひと幕が演じられると、森川本人は崩れ落ちながら苦笑い。それでも、「それからちゃんと交換しましたよ、画像を送ってくれました」と必死に弁解していた。

 一方の小関は、恐怖のモチーフが泥まみれの化け物“ドロメ”であるだけに、「(撮影時は)泥が大変だった。僕は唯一かぶっていないんですけど。口に入れるものだから加工されていて、泥はゴマ味のあんこなんですよ」と明かし、客席を驚かせた。これを受けた内藤監督は「役者が口に入れるし、かけられるから食べ物じゃないと。あとドロッとした質感が欲しかった。(ロケ地の)廃校のカビくささとあんこの甘いにおいが絶妙に混ざって、すっごい気持ち悪い感じだった」と顔をしかめ、小関は「この映画を見ながら、あんこ食べられないですね」と評していた。