『暗殺教室〜卒業編〜』の公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催

写真拡大

3月26日(土)、『暗殺教室〜卒業編〜』の公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、Hey! Say! JUMPの山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平 、羽住英一郎監督が登壇した。

【写真を見る】菅田将暉と山本舞香も登壇!

本作は、週刊少年ジャンプ連載の松井優征による人気コミックの実写映画版続編。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物、殺せんせーと政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。

イベントに登場した山田は「気合いを入れてスーツを作ってきました!」と挨拶。「“初主演”は最初で最後。寂しいですね。役はもちろん、スタッフさんたちと別れるのも寂しい」と名残惜しそうな表情をしていた。

また、前作では、倹約家で有名な二宮が、撮影時に出演者やスタッフに焼肉を奢ったというエピソードが大々的に報じられたが、今回も山田にしゃぶしゃぶを奢ったという。これに成宮は「僕は呼ばれてない!」と抗議したが、二宮は「いやいや、(山田は)事務所の後輩だから。あなたは同期みたいなものだからダメよ」と突っ込み。そんななかで山田が「大半がゲームの話でした。肉は298円でした」と、当日の様子を明かすと「やめろよ!記者の皆さんも書くのやめて」と、二宮は困り顔を見せた。

そして椎名は「前作は生徒のみんなが初々しかったんですが、今回は一人一人顔が違った」とコメント。「みんな大人の顔になって、プロっぽくなっていましたね」と笑顔で話していた。【取材・文/平井あゆみ】