大胆な絡みがあった相手役に「プロだと思っていた」とイメージを話され、「2級を持っています」と切り返した斎藤工

写真拡大

直木賞作家、小池真理子の半自伝的小説を映画化した『無伴奏』(公開中)の初日舞台挨拶が3月26日、丸の内TOEIで行われ、出演者の成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、矢崎仁司監督が登壇。劇中では斎藤と遠藤の大胆な絡みがあるが、斎藤の演技に遠藤は「やっぱりプロ」と話すと、斎藤が「2級を持っています」と告白した。

【写真を見る】斎藤の相手役を演じた遠藤新菜

清楚で爽やかな役のイメージの成海は、激しい想いを抱える主人公の響子を演じた。演じるうえで、「いろんなものを最終的に背負って生きていく役だなと思ったので、背負うぞという覚悟はあった」と、振り返った。本作では自身初の官能シーンに挑み話題。その相手役を演じた林について、「いろんなモードになるんです。もうやめようかなと思っている時もあって、そういう時はなにか言葉をくれるので頼ってました」とエピソードを明かした。

一方、池松は自身の役柄について「僕が見放されたら、僕が好きな人たちまで見放されてしまうというところで、いろんな本当の心が映ればなと思った」と振り返った。

共演者に20代が多いことから、斎藤は「実年齢と距離があると思ったんですけど、キャスティングされた以上、役者は堂々と現場に臨めばいいと教えられた」と役者としての感性を語った。学園紛争が起きていた1970年前後を舞台ということから、「SNSや携帯電話が存在しない時代に、人と人がどうやって交流しているか、その最後にお互いが交わした言葉が自然と重みを持っている時代にヤキモチを妬きました。今はなんでも整えてしまうので、内面的に豊かな時代だったんだなと思います」と自身の熱い思いを吐露した。

祐之介の恋人を演じた遠藤は、斎藤と濃厚なセックスシーンに挑戦。斎藤が相手でよかったと思うことを問われ、「ああいうシーンに関してはプロだと思っていたので、やっぱりプロだなと思いました」と赤裸々に話すと、斎藤は「そうですね。プロフィールに書いています。2級を持っているつもりです」と話にノリ、場を盛り上げた。気を取り直し、遠藤は「いろんな意味でプロだなと。素敵にリードしてくださったので、包容力もあるし、でもミステリアスさもある祐之介を感じていたので、(自身が演じた)エマでいさせていただけた」と共演した印象を語った。

また、この日は主題歌「どこかへ」を担当した女子ロックバンド、Drop’sのボーカルを務める中野ミホも登壇し、弾き語りバージョンで同曲を披露。「この映画のことは1回忘れていいから、思いっきりラブソングを作ってください」と書き下しを依頼した矢崎監督は溢れ出る涙をこらえきれず、「ありがとう」と声を振り絞った。

本作は、クラシック音楽の流れる喫茶店で出会った4人の恋と青春を描いた淡いラブストーリー…ではなく、瑞大胆な10代の性と、男女の、そして同性への苦しい恋心を描いた切なく耽美なラブストーリーとなっている。自身の恋愛や青春を思い出すきっかけにしてほしい。【Movie Walker】