「ヒート」(1995)の一場面 写真:Moviestore Collection/AFLO

写真拡大

 マイケル・マン監督が、アル・パチーノ&ロバート・デ・ニーロ主演の映画「ヒート」(1995)のプリクエルを執筆していると、英Den of Geekが報じた。

 マン監督の代表作のひとつである「ヒート」は、ハリウッドの2大名優を主演に迎え、1989年製作のテレビ映画「メイド・イン・L.A.」をセルフリメイクしたクライムアクション。犯罪のプロ、ニール・マッコーリー(デ・ニーロ)率いるグループが現金輸送車から多額の有価証券を強奪し、ロサンゼルス市警のビンセント・ハナ(パチーノ)は、わずかな手がかりからニールたちの犯行と突き止め、執拗に追跡する。ニールの仲間クリスをバル・キルマー、闇稼業の仲介人ネイトをジョン・ボイトが演じた。

 マン監督は、間もなく“マイケル・マン・ブックス”の創立に向けて契約を結ぶようだ。“マイケル・マン・ブックス”は、数人の作家たちによる小説コレクションを抱えたインプリント(出版レーベル)になるそうで、今後このレーベルのなかから映画化やテレビドラマ化も検討される。

 “マイケル・マン・ブックス”の第1弾企画の1つが、マン監督による「ヒート」プリクエルだ。ビンセント、ニール、クリス、ネイトの過去の人生に焦点をあてるもので、出版後は映画化される可能性もある。

 マン監督は現在、伊自動車会社フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリの人生を映画化する伝記企画も抱えているが、主演予定だったクリスチャン・ベールが今年1月、役づくりのため急激に体重増加することを危惧して降板を表明した。新たに主演する俳優はまだ発表されていない。