大河ドラマでも活躍する (C) Universal Pictures

写真拡大

 ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムら豪華キャストが顔をそろえた「ヘイル、シーザー!」の予告編ナレーションを、人気声優の高木渉が担当していることがわかった。

 高木は、ジャック・ブラック(「愛しのローズマリー」「ハイ・フィデリティ」)の吹き替え声優や「名探偵コナン」の小嶋元太、高木刑事役などで知られている。4月から放送開始される「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の虹村億泰役に扮しているほか、俳優としては現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の義兄・小山田茂誠をコミカルに演じ、声優ファン以外からも一躍注目を集めた。

 予告編では抑制のきいた演技で、1950年代のハリウッドの製作スタジオを舞台にした物語に華を添えており「シーンごとに見せ場のある豪華俳優陣と、思わず笑ってしまうセリフのやり取りや表情、(ハリウッド)黄金期を思わせる華やかな映像にひかれて、個人的にはぜひとも吹き替え版に挑戦してみたいと思う、役者心に火をつけるような映画でした」と語っている。

 「ヘイル、シーザー!」は、映画の撮影中に何者かに誘拐された大スター・ウィットロック(クルーニー)の行方を追い、“スタジオの何でも屋”マニックス(ブローリン)がクセの強いスターたちを巻き込んで調査に繰り出すさまをコミカルに描く。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督がメガホン。5月13日から全国公開。