地獄の果てまで追ってくる (C)2014 Furthur Films, Inc. All Rights Reserved

写真拡大

 名優マイケル・ダグラスが人間狩りに興じるサイコスリラー「追撃者」の予告編が公開された。狂気の大富豪を怪演するダグラスが「怖がるから狩りたくなる」と口走り、灼熱の砂漠でジェレミー・アーバインを追い詰めていく。

 エドガー・アラン・ポー賞を受賞したロブ・ホワイト氏の小説を原案に、ディストピアSF「カレ・ブラン」のジャン=バティスト・レオネッティ監督が、トレッキングガイドの青年と大富豪の命がけのサバイバル劇を描く。予告編は、「映画史に刻まれる新たな怪物〈モンスター〉」という言葉とともに、不気味なほどに静かなマデック(ダグラス)が何者かに猟銃を撃ち放ち、狂気に満ちた狩りが幕を開ける。

 趣味の狩猟を楽しむため、砂漠に訪れたマデックを案内することになったガイドのベン。しかし、マデックがおもむろに崖上の人影に発砲したことから、死のゲームが始まる。身包みはがされ砂漠に放り出されたベンと、銃を手に獲物を狙うマデック。優雅にハンター気分を楽しんでいたマデックだったが、ベンの反撃に次第に苛立ちを募らせていく。「さっさと死ね!」と怒鳴り、銃を乱射し、ダイナマイトを投げつけるなど、ダグラスが狂人ぶり爆発させる。

 「追撃者」は、5月14日から全国で公開。