最新のiOSを旧型のiPadにインストールしたことで、操作不能状態(いわゆる「文鎮」)に陥ったという報告が多数、Apple Support Communitiesで報告されています。

Apple's latest iOS 9.3 update 'bricks' some older iPads, making them unusable

http://appleinsider.com/articles/16/03/22/some-users-difficulty-installing-ios-93-on-older-ipad-models

2016年3月21日にiOS 9.3がリリースされましたが、最新のiOSバージョンを使おうと旧型のiPadを使っているユーザーがインストールを試みたところ、アクティベーション作業がいっこうに進まずにっちもさっちもいかない状態になるというトラブルが続発していることが明らかになりました。

Apple Support Communitiesでは、主に「iPad 2」にiOS 9.3をインストールしようとしてアクティベーション作業途中でフリーズするという報告が続々と挙がっています。

iPad 2 iOS 9.3 can't activate | Apple Support Communities

https://discussions.apple.com/message/29949122#29949122



TwitterでもiOS 9.3で文鎮化したという悲痛な声が続々と登場。Apple SupportもDMを通じてサポートに必死です。

@Starzology We're eager to see that iPad up and running. DM the model and issue specifics and we'll get started. https://t.co/2tmhARSBC3— Apple Support (@AppleSupport) 2016年3月23日

iOS 9.3へのアップデート中に使用不能状態に陥る旧型iPadは「iPad 2」が多い模様。アクティベーション作業途中でつまづくことから、Appleのアクティベーション用サーバーに負荷がかかりすぎていることが原因かと思われましたが、あるユーザーによると24時間待っても状態は変わらなかったとのことで、根本的なソフトウェア・ハードウェア間のトラブルである可能性が指摘されています。

ユーザーの中にはOTAアップデートではなくiTunes経由でUSBケーブルを使ってiOS 9.3へのアップデートに成功したという人がいる一方で、同様の手順でもインストールに成功しなかったという報告もあるとのこと。Appleは旧型iPadでiOS 9.3にアップデートする場合に発生するトラブルについてコメントを発表していませんが、旧型iPadユーザーは、原因が究明され正式な対応が発表されるまでiOS 9.3へのアップデートを控えるか、アップデートする場合でも先にバックアップを確保した上で実行するのが良さそうです。