ゲーム開発者向けカンファレンスのGDC 2016でソニーのPS4用VRヘッドセット「PlayStation VR(PS VR)」の価格や発売時期が正式に発表されました。これに合わせて、北米市場ではPS VR本体と外付けカメラの「PlayStation Camera」、モーションコントローラの「PlayStation Move」をセットにした「PlayStation VR Launch Bundle」の予約を3月22日からスタートしていたのですが、このほとんどが既に売り切れ状態であることが明らかになりました。

Sony's PlayStation VR bundles go up for pre-order and quickly sell out | PCWorld

http://www.pcworld.com/article/3047094/software-games/sonys-playstation-vr-bundles-go-up-for-pre-order-and-quickly-sell-out.html



PS VRの本体価格は399ドル(約4万5000円)で、日本での販売価格は税別4万4980円。発売は2016年10月となっています。北米市場では2016年3月22日(火)の現地時間で午前10時から予約販売がスタートしたそうですが、AmazonWalmartTargetといった大手販売店では既に売り切れ状態になっています。



Best BuyGameStopにはまだ予約の枠が残っているようですが、PolygonによるとGameStopで予約注文を行うと100ドル(約1万1000円)のデポジットを要求されるとのこと。

「PlayStation VR Launch Bundle」の販売価格は499ドル(約6万円)で、これにはPS VR本体の他に、各種ケーブル、ステレオイヤホン、デモディスク、PlayStation Camera、PlayStation Move×2、そしてVRゲームが入ったゲームソフト「PlayStation VR Worlds」が同梱されており、PlayStation 4(PS 4)を所有していればすぐにPS VRを使ってVRゲームをプレイできるようになるというものです。

なお、各種ケーブルとイヤホン、デモディスクがセットになったPS VR単体の価格は399ドルで、予約は3月29日(火)10時にスタートする予定とのこと。また、今回「PlayStation VR Launch Bundle」の予約を逃した人々のために、夏にもう一度予約を受け付けるとソニーはコメントしているようです。



PS VRはPS 4を所有していなければ使用できないVRヘッドセットで、予約自体はスタートしましたが、実物がゲットできるのは10月とまだ半年以上も先の話です。しかし、ゲーム関連メディアのKotakuは「ソニーが4K対応の新しいPS 4のリリースを計画している」と報じており、これがPS VRを購入しようか悩んでいるユーザーを引き込むきっかけになるかもしれません。