2016年クラシック候補たち
第8回:ディーマジェスティ

 古くから、春のクラシック戦線を占ううえで、注目されてきた重賞レースがある。例年、2月に行なわれているGIII共同通信杯(東京・芝1800m)だ。事実、ここ数年の勝ち馬を見ても、のちに3歳クラシックを制した馬の名前が並んでいる。

 2014年の覇者イスラボニータは、その後にGI皐月賞(中山・芝2000m)を制覇。日本ダービー(東京・芝2400m)でも2着と健闘した。2012年の優勝馬ゴールドシップも、のちに皐月賞馬となっている。さらに、昨年の勝ち馬リアルスティールは皐月賞で2着と好走し、2着馬のドゥラメンテが皐月賞と日本ダービーの二冠を達成した。

 そして今年も、このレースを制して意気揚々とクラシックに臨む馬がいる。二ノ宮敬宇厩舎(美浦トレセン/茨城県)に所属する、ディーマジェスティ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 昨年9月にデビューした同馬は、初戦、2戦目と苦杯をなめた。それぞれ最速の上がりをマークしながら、逃げ馬をわずかに捕らえ切れなかったのだ。それでも、3戦目の未勝利戦で初の白星をつかむと、GIIホープフルS(2015年12月27日/中山・芝2000m)に果敢に挑戦した。が、レース当日にフレグモーネ(※皮下組織の化膿)を発症。無念の出走取り消しとなった。

 そこから立て直して挑んだのが、共同通信杯(2月14日)。同レースには、ハートレー(牡3歳)やスマートオーディン(牡3歳)など、すでに重賞を勝っている実力馬が出走し、それら実績のある面々が人気を集めた。しかしレースでは、最後の直線を迎えると有力各馬がことごとく失速。ディーマジェスティがその間隙を突いて、中団待機から力強く伸びて快勝した。その脚色は最後まで衰えることなく、息の長い末脚を見せつけての見事な勝利だった。

 このまま皐月賞に直行する予定のディーマジェスティ。共同通信杯では6番人気という"低評価"だったが、もともと同馬に関わる人たちの評判はかなり高かったという。関東競馬専門誌のトラックマンがその仔細を伝える。

「初勝利まで3戦を要しましたが、最初の2戦は小回りコースで、逃げ馬にうまく運ばれた形。厩舎スタッフの間では『あくまでも展開のアヤ』という判断で、その結果に悲観することはなく、ディーマジェスティに対する評価も下がることはなかったようです。

 また、ディーマジェスティをとりわけ評価しているのが、2戦目からコンビを組んでいる蛯名正義騎手。この馬の乗り味と素質に相当惚れ込んでいて、『2016年のクラシックはこの馬でいきたい』と早くから考えていたそうです。そのため、他の3歳牡馬の騎乗依頼はあまり受けなかったみたいですね。ディーマジェスティへの期待はそれほど大きく、蛯名騎手自身、『クラシックでも十分に勝ち負けできる』という手応えを得ているようですよ」

 初勝利のあと、強豪が集う重賞レースにすかさず向かったのも、騎手や厩舎の"自信の裏返し"だったのだろう。

 ディーマジェスティはその後、まだまだ成長を続けているという。先述のトラックマンが続ける。

「未勝利戦を勝ったあたりから、後ろ脚の蹴る力も強くなって、馬が目に見えて成長してきたそうです。しかもその成長曲線は、まだまだグングンと伸びているとのこと。クラシック本番では、共同通信杯から一段とパワーアップしたディーマジェスティが見られるのではないでしょうか」

 今年の3歳牡馬戦線は、話題の血統馬たちがこぞって活躍。まれに見るハイレベルな状況にある。おかげで、共同通信杯を勝ったとはいえ、ディーマジェスティの評価は"伏兵"の域を出ない。だが、ベテランジョッキーの蛯名騎手が早々に見初めた素質馬である。さらなる成長が見込めるのならば、本番で勢力図を一変させるような飛躍を果たしてもおかしくない。

 およそ4週間後に迫ってきた皐月賞。ディーマジェスティは、3戦3勝のサトノダイヤモンドやマカヒキらを相手にどんな走りを見せるのか。関係者に限らず、多くのファンが一発への期待を膨らませているはずだ。

河合力●文 text by Kawai Chikara