入学式、入社式はふつう4月に行なわれるが、中央競馬ではひと足早く、新人ジョッキーたちが今週末の開催でデビューする。今年の話題はJRA16年ぶりの女性ジョッキー、藤田菜七子。同期に先んじて、3月3日には地方の川崎競馬で騎乗。勝利を挙げることはできなかったが、最高2着に入るなど見せ場を作った。

 今から遡ること約20年、JRA初代女性騎手のひとりとしてデビューしたのが、現在、競馬中継でおなじみの細江純子さん。先輩として、ファンと同じく彼女の活躍を心から願っている。自らの経験も踏まえて、女性ならではの苦労や藤田ジョッキーへのアドバイスなど、じっくり語ってもらった。


―― まずはご自身についてお伺いします。JRA初の女性ジョッキーとしてデビューしましたが、競馬学校の受け入れ体制などはどうだったのでしょう? 苦労したことはありましたか?

「女性騎手としてデビューしたのは私たちが、第1号なのですが、それまでに競馬学校には3人の女性が入学しているんです。先輩方は進級できなかったりで、結局、学校を去ることになり、関係者も私たちの代は『何としてもこの子たちを騎手に』という流れになったんです。入学の順番が逆だったら、私も騎手になれたか、わかりません。私が騎手になれて、今の仕事ができているのは、そういった先輩たちの積み重ねがあったからで、今でも感謝の念は持ち続けていますし、本当に運がよかったな、と思っています。

 私は乗馬の経験がなかったので、もちろん実技は大変でしたし、体重の管理でも苦労しました。最初、私は痩せていて『食べろ、食べろ』と言われたんです。そして無理矢理食べると、今度は太ってしまって。当時は食事に関して、締め付けがかなり強くて、そこがストレスでした。でも、今は自分で判断し、管理するようになっているそうで、競馬学校も20年前とはかなり変わっています」

―― デビュー戦(1996年3月2日中京第1レース、16頭立て9着)は覚えていらっしゃいますか?

「スタートに気をつけなくちゃいけない、コーナーの入り口はどうなるんだとか、あれこれ考えていたのですが、あっという間に終わってしまいましたね。模擬レースとは違って、頭数も多いし、お客さんもいる。そして、現役の競走馬。押さえ方ひとつとっても全然、違うんですよ」

―― 細江さんは海外(シンガポール)でも騎乗されています。海外で、女性ジョッキーの環境はどうなでしょうか。

「すっごくラクでした。私がシンガポールに行ったときは現地の女性ジョッキーとオーストラリアの方がいたかな。そこに女性がいるのが当たり前の環境で、男性の前で平気で着替えたりするんです。私にも40歳くらいの男性のバレット(※1)の方が付いたんですが、その方の前で、みんなスッポンポンになっちゃうんです。私も最初はびっくりしました。でも、そこにやらしさや変な感情はまったくないんです。
※1 鞍の準備をするなど、騎手の仕事をサポートする人

 思えば、私が騎手になった頃はトレセンに女性が少なくて、周りの男性たちのほうが、どう接していいかわからないという状況でした。今は調教助手や厩務員さんなどに、女性スタッフが増えていて、お互い自然体でいられるんです。現在、女性騎手はひとりですが、そのあたり藤田さんは私たちの頃より、やりやすい環境だと思います」

―― 藤田菜七子ジョッキーのことを伺います。彼女の長所はどこにありますか。

「競馬学校の教官から聞いたんですけど、彼女は気性の激しい馬でもおどおどせずに、うまくなだめて、それ以上気持ちを悪いほうに膨らませないように、治めることができる柔軟さ、柔らかさを持っていると。それを大事にしてほしいし、そこを武器にしていったらと思いますね」

―― 騎手において、男女差はハンデになりますか。

「筋力で男性に及ばない部分はあるでしょうが、そもそもいくら筋力があろうと、馬の1馬力には敵わないわけですから。男性でも筋力が弱い人はいるし、"こぶしの柔らかい"人もいる。私は一概に性差があるとは言えないと思います」

――"こぶしの柔らかさ""当たりの柔らかさ"とよく言われますが、馬に乗ったことのない人にはどう説明すればいいでしょうか。

「たとえば、泣いている赤ちゃんがいます。頭ごなしに怒ったり、抱っこ紐でしばってしまうのではなく、アンパンマングッズなど好きなものを見せたりして、赤ちゃんの気持ちをふっと逸(そ)らせる、いい意味でごまかすことができるということでしょうか。これは(同じ女性の競技者もいる)競輪、ボートレースとは違うところで、乗るのは馬という気持ちを持った生き物ですから、ふっと気持ちをラクにしてあげたり、うまく誘導したり、なだめたりすることで、パフォーマンスを上げることができるんです」

―― 先輩として、藤田菜七子ジョッキーへアドバイスはありますか。

「センスの良し悪し、技術の得手不得手は多少あると思いますが、競馬学校では同じことを習っているので、スタートラインの時点で大差はないと思うんですよ。大事なのは経験をたくさん積むこと、馬一頭一頭に個性があって、いろいろな感情を持っていることを知ることだと思うんです。

 彼女はいい意味でも悪い意味でも注目度が高い。失敗してしまえば、悪目立ちしてしまうけれども、(所属先の)根本(康広)調教師もバックアップすると言っていますし、かわいらしいルックスもあって、たくさんのメディアの方もついている。レースでの乗り数だけでなく、日々の調教で跨る馬でいろいろな背中や個性を知って、さまざまな経験を積んでいくことだと思います。(経験が大事であることは)騎手に限らず、どんな職業でもいえることですが」

―― 今は海外の有名騎手が来日しますし、地方競馬の上位騎手も来て、新人騎手が騎乗馬を確保するのは大変ですよね。

「男性ジョッキーでも1勝も挙げることなく、やめてしまうケースもあります。今は(有力騎手には騎乗馬を手配する)エージェントもいますし、本当に新人は1鞍乗るのも難しい状況なんです。ただ、(負担重量が)3kg減(※2)という恩恵がありますから、そこでいただいたチャンスを次に結びつけられるかが重要なんです。
※2 負担重量とは競走馬がレースで乗せなければいけない重量(騎手と鞍などの総重量)。中央競馬では騎手免許取得後5年未満で、100勝以下の騎手は見習騎手という扱いとなり、負担重量が軽減される。30勝以下の騎手はマイナス3kgとなる。

 でも、そこはオーナーのサポートや調教師や厩務員の理解も必要で、ひとりではどうにもならないこともあります。調教には跨れるので、最初は馬のしっぽ、やがて脚、最後は一頭分まかせてもらえるように、日々信頼を積み重ねていくしかありません」

 私はレースに乗れないとき、ファンや関係者に『頑張って』と言われるのがつらかった。調教には乗っているけど、レースでの騎乗に結びつかない。人と会うのも嫌で孤立してしまいました。彼女にも、そういうときが来るかもしれません。やはり勝負の世界で、みんながライバルですから。でも、肩肘張りすぎて、孤立しないでもらいたいですね。

 先ほども言いましたが、ひとりではどうにもできない部分もあります。いいお手本となる先輩はいますから、道筋を立ててくれる頼れる人を見つけて、相談してほしいですね。勝つことも大事ですけど、他にも大切なことがいろいろありますから」


「私はそんなに長く乗ってないし、門戸を閉じてしまった身なので......」と謙遜しながらも、藤田菜七子騎手を親身に思う気持ちがひしひしと伝わってきた。中央デビューは明日5日の中山競馬場、第2レースの予定。ファンとしても、女性ジョッキーの頑張りを長い目で見守りたい。

スポルティーバ編集部●構成 text by Sportiva