今週3月6日(日)は、中山競馬場でGII弥生賞(芝2000m)が行なわれる。このレースは4月20日(日)に行なわれる3歳牡馬クラシックレース第1弾・GI皐月賞(芝2000m)のトライアルで、3着以内に入ると本番への出走権が与えられる重要なレースだ。

 GI皐月賞のトライアルレースはGIIスプリングステークス(3月20日/中山・芝1800m)、OP若葉ステークス(3月19日/阪神・芝2000m)と複数あるが、このGII弥生賞は本番とコース、距離が同じで、レース間隔も十分に取れることから、2010年のヴィクトワールピサ、2001年アグネスタキオンが皐月賞馬となっているし、2005年のディープインパクト、古くは1984年シンボリルドルフ、1983年ミスターシービーなど、三冠馬となった名馬たちもステップレースに選択している。

 今年も豪華メンバーが揃った。筆頭は昨年の最優秀2歳牡馬リオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎、父キングカメハメハ)で、GI朝日杯フューチュリティステークス(2015年12月20日/阪神・芝1600m)を制して以来、約2カ月半ぶりの実戦となる。1戦1勝の身で臨んだ同レースは、4コーナー15番手(後ろから2頭目)という後方待機から直線一気の差し切りで完勝。大物感溢れる勝ちっぷりは、"歴史的名馬クラス"の声も多く聞かれるほどだった。その後、無傷の3連勝でGIIIきさらぎ賞を勝ったサトノダイヤモンドの台頭もあり、1強ムードはやや薄れたが、サトノダイヤモンド不在の今回のメンバーなら、断然の人気を集めそうだ。

 しかし、強いだけでは勝てないのが競馬。コーナーを2度回り、直線は473.6mと長い阪神芝外1600mに対し、今回の中山芝2000mはコーナーを4度回り、直線は310mと短い。前回と同じような後方待機だと、差し切れない可能性も十分だ。新馬戦では好位6番手あたりからの競馬で勝利しているが、同レースでは道中行きたがって折り合いを欠いており、距離自体の不安も捨てきれないところ。半兄エピファネイア(父シンボリクリスエス)もこのレース4着、GI皐月賞2着と、血統的にこのコースとの相性が良いとは言えない。

 対抗馬として有力なエアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎、父キングカメハメハ)も、GI朝日杯フューチュリティステークスで1番人気に推されながらリオンディーズの3/4差2着に敗れて以来の実戦。前走の内容から「もうリオンディーズには勝てないのでは?」という声も聞こえるが、競馬はよほどの実力差がない限り、コース適性や道中の有利不利、展開次第で逆転は可能。エアスピネルも、リオンディーズに先着する可能性は十分あると見ている。

 エアスピネルの最大のセールスポイントは、気性の素直さによるレースのしやすさ。折り合いの不安もなく、不利を受けにくい好位からの競馬ができるし、瞬発力も水準以上のものを持っている。特に直線の短い中山コースはそういった適性がものを言うケースが多いのだ。

 血統的には、祖母の半兄エアシャカールは2000年のこのレース2着をステップにGI皐月賞を勝利。2歳時にも同条件のOPホープフルステークスを制している。さらに伯父エアシェイディも中山芝2200mのGIIアメリカJCCを勝ち、GI有馬記念でも2度3着に入った中山巧者だった。このように中山コース向きの血が揃っており、この中山芝2000mはエアスピネルに向くコースと言える。近親の活躍馬はほとんどが中距離タイプということもあり、距離延長もプラスに働くだろう。GII弥生賞、GI皐月賞はリオンディーズにリベンジする絶好の舞台だ。

 実績馬2頭に待ったをかけるのが、デビューから前走のOP若駒ステークス(1月23日/京都・芝2000m)と2戦2勝のマカヒキ(牡3、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)だ。そのOP若駒ステークスでは上がり3ハロンのタイムが32秒6と、ディープインパクト産駒らしい極限の瞬発力を見せて差し切り。瞬発力ならリオンディーズに勝るとも劣らない存在で、今回が初めての重賞挑戦となるが、どこまで通用するか注目される。血統は、全姉にGIII京都牝馬ステークス(京都・芝1600m)、GIII CBC賞(中京・芝1200m)を勝ったウリウリがいることから、どちらかというとスピード寄りのイメージ。ただ、父ディープインパクト×母の父フレンチデピュティという配合は2013年の勝ち馬カミノタサハラや、昨年のGIジャパンカップを勝ったショウナンパンドラと同じ。2000〜2400mの大レースでも引けをとらない配合といえる。2頭に割って入るか注目したい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki