クリス・カーター

写真拡大

米FOXで1月24日から放送され、2月22日に最終回を迎えた『X-ファイル』復活版だが、今後もシリーズが続いていく可能性があることをクリエイターが明かしている。米Hollywood Reporterが伝えた。

【関連記事】クリス・カーター監督来日で明かされる、『X-ファイル』の謎!

クリエイターのクリス・カーターは、『X-ファイル』が今後も続いていくかを尋ねられた際に、「続編制作を求められそうだね。評価は非常に良かったよ。みんな、番組に満足してくれた。今日ダナ・ウォルデン(米FOXテレビジョン・グループの代表・CEO)にも、とても気に入ったと言ってもらった。でも、まだ何も話し合ってはいないよ」と現状を明かした。続編をいつのタイミングで制作するかについては、「まだちゃんとは話していない。ダナは、『プレッシャーをかけるつもりはないの。ただ、今回のような形でまたやりたいのよ』と言っていたよ。前回の交渉は5ヵ月かかった。だから、何か新たに決まるとしたらもう少し時間が必要だろうね」と答えた。

さらに、モルダー&スカリーを演じるデヴィッド・ドゥカヴニー、ジリアン・アンダーソンと続編について話しているかについては、「デヴィッドとはしょっちゅう話していて、彼は乗り気だと思うよ。ジリアンとはそこまで話せていないけど、彼女も参加してくれるだろう。だから、あとは彼らの忙しいスケジュールを調節しないとね。二人とも家庭もあるから」と語っている。

全米で大好評を得た新シリーズ、『X-ファイル 2016』は、2016年夏にデジタル配信・ブルーレイ&DVD発売予定。さらに過去9シリーズと劇場版2作品をすべて収録した初のブルーレイBOXが3月2日(水)にリリースされる。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『X-ファイル』クリエイター、3作目の映画脚本を書いていた!【ネタばれ】『X-ファイル』復活版ではスカリーに○○が登場!?【ネタばれ】『X-ファイル』復活版、モルダーとスカリーの顛末をクリエイターが説明