エミリー・ブラント

写真拡大

『プラダを着た悪魔』で注目され、『イントゥ・ザ・ウッズ』でミュージカル映画に初めてチャレンジしたエミリー・ブラントが、生放送ミュージカル『メリー・ポピンズ』への出演を噂されていることが分かった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連コラム】歌いたがる女優たち――いつから歌唱力が女優たちの武器になったのか

1964年にジュリー・アンドリュース主演で映画化された『メリー・ポピンズ』は、2006年から2013年まで2619回にわたってブロードウェイでも上演され、「チム・チム・チェリー」などの名曲でも知られる作品だ。

魔法が使えるメリーは、イタズラ好きな子どもたち、ジェーンとマイケルの家庭教師を務めるためにバンクス家にやって来る。明るく朗らかな性格のメリーに子どもたちもすっかり懐き、厳格な父親バンクス氏も徐々に心を開いていく、という心温まるミュージカル・ファンタジー。

エミリーが本作への出演が決まれば主役メリーを演じることになる模様で、すでに監督に決定しているロブ・マーシャル監督とは『イントゥ・ザ・ウッズ』以来にタッグを組むことに。脚本を務めるのは、人気ブロードウェイミュージカル『Finding Neverland』のデヴィッド・マギー。

エミリーは、ジュディ・デンチ(『007』シリーズ)と共演したロンドンの演劇『The Royal Family』で舞台デビュー。映画『ヴィクトリア女王 世紀の愛』といった時代ものから『40才オトコの恋愛事情』といったラブコメまで幅広いジャンルをこなし、ゴールデン・グローブ賞に5度ノミネートされている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ディズニーが名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の新作製作へ乗り出す豪華俳優陣が揃い踏み!! ディズニー最新ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』NYワールド・プレミア開催で最新コメント到着『サウンド・オブ・ミュージック』ジュリー・アンドリュース、41年間の幸せな結婚生活の秘訣とは!?